株やFXの初心者・入門ガイド

【株主優待】クオカードの新設が相次ぐ

      2015/11/13

LINEで送る
Pocket

株主優待でクオカードが人気

優待にクオカードって人気だね

最近、株主優待人気にあやかってか、株主優待を新設する企業が増えている。

そしてその中でも人気なのが優待としてのQUOカード(クオカード)。

コンビニや薬局などで現金のように使えるクオカードは誰からも好まれるからだ。しかも有効期限もなし!

株主優待を充実させることは、個人投資家を呼び込む効果があるため、まだ名の知れてない企業や、ブランド向上を狙う野心的な企業が取り組んでいる傾向がある。

特に東証二部企業にも目立っており、東証一部に昇格するための株主数が必要だったりで、株主優待を利用する場合があるようだ。

(参照→クオカードの使い方について

[スポンサードリンク]

優待の新設銘柄3選

ビーアールホールディングス(1726)
・株価:356円
・配当:4円
・権利確定月:3月
・100株:クオカード1,000円分
・配当+優待利回り:約4%

オカダアイヨン(6294)
・株価:1081円
・配当:18円
・権利確定月:3月
・100株:クオカード2,000円分
・配当+優待利回り:約3.5%

日産車体(7222)
・株価:1599円
・配当:9円
・権利確定月:3月
・100株:クオカード3,000円分
・配当+優待利回り:約2.5%

(参照→2015年:株主優待でクオカードをもらおう!高還元率ランキング5

株式投資って?

最近の桐谷さんが火付け役となっている株主優待ブーム。

この動きを見て思うのは、株式投資の本質からのズレてきているというのも本音としてある。

株の初心者が株主優待をきっかけに投資の世界に入ってくるのは大歓迎だが、優待を投資目的として終始してしまうのはミスリードだと思う。

株式投資とは、企業の成長を応援する中で投資家の資産も成長させることだと思うし、配当や株主優待目的で株を保有しても、株価が下がれば意味がなくなる。

優待はおまけ程度で銘柄を探すことが重要と意識するべきだろう。

 - クオカード, 人気の株主優待 , ,