株やFXの初心者・入門ガイド

FXはリスク管理ができれば怖くない

      2015/12/06

LINEで送る
Pocket

slip

インターネットのニュースなどをを見て、「FXは怖いのでは…」と思ったことがある方もいらっしゃると思います。

たしかに、基本的に自己資金の範囲で取引する株取引と異なり、レバレッジをかけて自己資金以上の取引ができるFXは、何も考えないで取引すると大きな損失を抱える可能性があります。

しかし、リスク管理さえすればFX取引はちっとも怖くありません。

ここではFXをやる上で覚えておきたいリスク管理について見ていきたいと思います。

[スポンサードリンク]

1. 為替変動リスク

まず「為替変動リスク」です。為替変動とはドル円で言うと1ドル100円が1ドル99円になるなどお金の価値が変わることを言います。ちょうど株価の変動を想像すると分かりやすいと思います。

1ドル100円で1万ドル保有していた人は、1ドル99円になると、1万円の損失になります。

  • 買うとき:100円×1万ドル=100万円
  • 売るとき:99円×1万ドル=99万円

反対に1ドル100円で買って、1ドル101円のときに売ると1万円の利益になります。

  • 買うとき:100円×1万ドル=100万円
  • 売るとき:101円×1万ドル=101万円

便宜上100円で計算しましたが、1ドル120円のときは120万円分の取引をしていることになります。

為替は日々世界中で発表される「雇用統計」や「GDP」といった経済指標や、要人の発言、国の情勢によって大きく変動します。変動幅はストップ安などがある株と異なり、値幅制限がありません。そのため、相場の状況によっては短時間で大きく変動する場合があります。

次に紹介する「金利変動リスク」もありますが、FXのもっとも大きなリスクはこの「為替変動リスク」です。反対に言うと、もっとも利益を得る要因になるのも「為替変動」によるものです。リスクを限定し、利益を最大限に得られるようにすることが大切です。

自分の思惑と異なった方向に動いたときには大きな損失を抱える可能性があるので、必ず損失を限定するロスカット(損切り)注文を入れるようにしましょう。

2. 金利変動リスク

日本以外の国では高金利の国が多数あります。たとえばオーストラリアやニュージーランド、カナダなど「資源国」と呼ばれる資源が豊富にある国の通貨や、南アフリカやトルコなど「新興国」の通貨は高金利通貨として知られています。

高金利通貨を保有すると毎日「スワップ金利」と呼ばれる金利のおこづかいが発生します。スワップ金利目的でFXをはじめる人がいるほど、スワップ金利はFXの魅力のひとつと言えます。

しかし、金利は変化し、為替レートによって日々スワップ金利は変化します。場合によっては、毎日もらうつもりだったスワップ金利を支払うことにもなりかねません。これを「金利変動リスク」と言います。

たとえば、2009年以降、オーストラリアドル(豪ドル)はニュージーランドドル(NZドル)より高い政策金利でしたが、2014年に逆転し、2015年現在、オーストラリアドルよりニュージーランドの方が政策金利は高くなっています。

これまで豪ドル/NZドル(AUD/NZD)という通貨ペアを「買い」ポジションで保有していると、毎日スワップ金利がもらえていたのに、今では毎日スワップ金利を支払わなくてはなりません。

スワップ金利を目的にするのも良いですが、金利は常に変動することを覚えておく必要があります。

リーマンショック以降、世界的に低金利の時代が続いていますが、ここ最近は南アフリカやトルコといった新興国通貨が高金利なことから注目が集まっています。もしこれらの通貨が安値圏にいるときは、積極的にポジションを仕込んでみるのも面白いかもしれません。

3. 流動性リスク

新興国通貨は高い政策金利から人気の通貨ペアですが、「流動性リスク」には注意が必要です。

新興国通貨で人気の通貨には南アフリカランド(ZAR)やトルコリラ(TRY)などがあります。これらの通貨は人気が高い通貨ですが、ドルやユーロなどのメジャーな通貨に比べると流動性が低く、決済したくてもできないという場合が起こり得ます。

ただ、スイングトレードのように比較的長い期間で取引する場合はそこまで心配する必要はありません。スキャルピングのように短い期間で取引する場合は、マイナー通貨ペアで取引するのは控えるようにしましょう。

高金利という高いリターンがあるものには、為替変動リスクや流動性リスクといった高いリスクがあることも理解しておく必要があります。

トルコリラは2015年6月現在7.50%と魅力的ですが、新興国の通貨で取引する場合は流動性リスクに気をつけましょう。

まとめ

FXのリスクとして、為替変動リスク、金利変動リスク、流動性リスクと3つのリスクについて見てきました。

投資や投機は資産を大きく増やせる可能性がある以上、必ずリスクが存在します。きちんとリスクを理解した上でリスク管理を徹底すればきっと投資は面白いものになると思います。ぜひ挑戦してみてください。

【当サイトおすすめのFX会社】
DMM FX  (初心者におすすめ、DMM.com証券は国内口座数第1位)
 ※2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)
GMOクリック証券【FXネオ】 (株とFXどちらも取引したい方に!)

【おすすめの記事】
株とFXとの違いって何なの?
おすすめのFXの証券会社はこちら
改めてFXと株について比較してみよう
ドル、ユーロ、円、FXの通貨ペアの特徴まとめ
FXの3つの為替市場における時間帯ごとの特徴

[スポンサードリンク]

 - FX ,