株やFXの初心者・入門ガイド

バイナリーオプションとはどんな仕組み?

      2015/11/10

LINEで送る
Pocket

cube

FXをやっている方なら「バイナリーオプション」という言葉を聞いたことがあると思います。

一定時間までに上がるか下がるかを当てるゲームです。

上がるか下がるかを当てるゲームというとギャンブルのようなものを想像してしまいがちですが、バイナリーオプションは立派な金融商品のひとつです。

ここ日本でも、そして海外でも人気のバイナリーオプションとは一体どのような仕組みになっているのでしょうか。

[スポンサードリンク]

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションは金融商品のひとつです。

元々オプションは金融商品として古くから存在しており、「コール(買う権利)」「プット(売る権利)」という基本のタイプがあります。

しかし、初心者にとっては簡単とは言いがたく、相場の上級者向けという印象が拭えません。

そこで出てきたのがFXのバイナリーオプションです。

バイナリーオプションは一定の時間までに相場が上がるか下がるかを予想するだけの簡単な仕組みのため、日本では2012年頃から急速に普及してきました。

バイナリーオプションが普及した理由

なぜ2012年頃から普及したのかというと、2011年8月にはレバレッジが最大25倍に制限されたことで、国内FX業者で大きく勝つということが難しくなってきたからです。

個人投資家が次に目をつけたのがバイナリーオプションでした。

短時間で上がるか下がるかを予想するバイナリーオプションは、元々短期売買を得意とする個人投資家に歓迎されるようになったのです。

しかし、やはり金融庁はバイナリーオプションを「投機性の高い金融商品」として規制し、2013年12月から、5分や10分後のレートを予想するルールが自主規制され、最短でも2時間以上というルールに変更されるようになりました。

[スポンサードリンク]

現在のバイナリーオプションは海外が主流

バイナリーオプションが普及したころ、国内最大手と言われたGMOクリック証券をはじめ、FXトレード・フィナンシャルなど多くの国内FX業者でバイナリーオプションの取扱いがはじまりました。

現在は国内バイナリーオプションの規制がされ、以前ほど活気がなくなってきたのは事実です。

ただし、活気がなくなっているのはあくまで日本国内のバイナリーオプション業者にすぎません。

国内FX業者のレバレッジ規制がはじまって以降、海外FX業者が盛んになったのと同じように、現在は海外バイナリーオプション業者に人気が集まっています。

人気の海外バイナリーオプション業者には、24option、OptionBit、SmartOptionなどがあります。

海外バイナリーオプション業者は規制の対象外のため、最短60秒後のレートを予想するなど、日本ではあり得なかった取引が可能です。

また、これまで日本のバイナリーオプションで培ってきた手法をそのまま使えるなどメリットも多くあります。

海外バイナリーオプションは幅広い取引が可能ですが、投機性の高い取引もできるため、リスク管理をきちんとして相場に臨むことが大切です。

実はトラブルも急増している…

バイナリーオプションは金融商品ですが、稀に悪質な無登録業者も混ざっていることがあります。

近年、インターネットのまとめサイトなどで「FXで儲かった」「短期間で儲かった」というスレッドを立ち上げ、興味を持った人たちを勧誘して口座を開設させ、「返金をしない」などというトラブルが増加しています。

もちろんそのような悪質業者はごく一部ですが、おいしい話に飛びつかないようにする予防策は必要と言えるでしょう。

まとめ

FXの新しい投資方法であるバイナリーオプションついて見てきました。

FXのほかに短期で決着のつくバイナリーオプションを取り入れるのもおすすめです。

今後、バイナリーオプションの具体的な種類についても見ていきたいと思います。

【当サイトおすすめのFX会社】
DMM FX  (初心者におすすめ、DMM.com証券は国内口座数第1位)
 ※2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)
GMOクリック証券【FXネオ】 (株とFXどちらも取引したい方に!)

【おすすめの記事】
株とFXとの違いって何なの?
ドル、ユーロ、円、FXの通貨ペアの特徴まとめ
FXはリスク管理ができれば怖くない
資金が少なくても大丈夫!少額からはじめるFX
FXの魅力のひとつ「スワップ金利」とはどんなもの?

[スポンサードリンク]

 - FX, 投資・株・FX・お金の勉強 ,