株やFXの初心者・入門ガイド

株式投資に役立つ相場の格言まとめ(2) 底と天井は狙わない

      2015/11/10

LINEで送る
Pocket

株式投資に役立つ相場の格言まとめ(2) 底と天井は狙わない

【前編→株式投資に役立つ相場の格言まとめ(1) 人と違うことをする

[スポンサードリンク]

損切りをするための投資格言

今回も株で勝つための相場の格言をご紹介します。まずは「意地商いは破滅の元」「見切り千両」です。

前者は、間違ったところで買ったり売ったりして建てた玉(ポジション)を意地になって持ち続けていれば、破滅してしまう、という意味です。

第三者から見れば、かなり下がっているんだからもう売ってしまえばいいのに、と思うような株でも、買った本人は意地でも売らないということが少なくありません。

なぜ意地になってしまうのでしょうか。その背景には、損切りをしてしまえば損失が確定してしまうことへの恐怖心がある、あるいは損失を出すことによりプライドが傷ついてしまうといった原因があります。

しかしそのまま株が上がるのを待っていても、上がることはまずありません。そうした大きな含み損が出ている時点で、完全に投資判断を見誤っているからです。

大切な資産を少しでも守るためには、「見切り千両」です。すなわち損切りにはとても価値がある、ということです。

ちなみに前回、「利食い千両」という格言をご紹介しました。それでは損切りと利食い(利益確定)はどちらが大切でしょうか?多くの場合、損切りとなるはずです。

なぜなら、損切りは損失をなるべく少なくすることで株の元手が大きく減るのを防ぐという、非常に大切な役割があるからです。

逆に利食いの場合には、多かれ少なかれ含み益が出ています。そのため、難しいことは難しいですが、損切りよりも心理的にはるかに楽です。

つまり、損切りは利食いよりもはるかに難しく、しかも大切なわけです。ぜひ、自分なりの損切りのルールを作り実践してみてください。

[スポンサードリンク]

頭と尻尾は他人にくれてやれ

続いて「頭と尻尾は他人にくれてやれ」です。これも有名な相場の格言ですね。その意味は、相場の天井(株価の最高値とその近辺)と底(株価の最安値とその近辺)は狙うな、ということです。

たとえば焼き魚を食べるとき、おいしいのは胴体の身のある部分ですよね。頭や尻尾を食べることはありません。

株式投資をしていると、どうしても底で買って、天井で売りたくなります。もちろんこれが理想形ではありますが、実際にやってみればまず不可能だ、ということが分かります。

たとえばファンダメンタルズ分析を一生懸命やっていると、「この銘柄の株価は○○円であるべきだ」というように考えがちです。

PERは20以内、PBRは1倍台、といったように、理論を当てはめたくなります。しかし実際には、PERが数百倍になったり、PBRが10倍になったりすることも珍しくありません。

すると、たとえばPERが100になっているからいくらなんでも買われすぎ、すなわち天井は近いと考えて空売りをしても、そこから急騰することもあります。

テクニカル分析でのチャートも同じです。ローソク足でたとえば下ヒゲが多くなってきたら相場は上がる、と言われています。しかし、実際には下ヒゲが多くなったあとに相場がさらに下がることもあります。このときに底だと判断して買っていれば、損が出てしまいます。

このように天井や底を見極めるのは非常に難しいです。そのため、天井や底を狙うのではなく、上がってきたところを順張りで買ったり、下がり始めたところで空売りする、というようなやり方のほうがやりやすいです。

特に初心者のかたは、上昇トレンドや下降トレンドの途中で売買を始めてみることをおすすめします。

利食い迷わば、半分仕舞え

「利食い迷わば、半分仕舞え」という格言をご紹介します。「利食い千両」とも関係しますが、実際にはどこで利益確定をすればよいのか、というのも難しいものです。

そこで、たとえば株を10株持っているなら、ここなら売ってよいかというところで5株を売ってしまうわけです。

これなら半分しか売りませんので気分が楽です。それでは残りの5株はどうすればよいでしょうか。そこからさらに株価が上がればそこで売れば、もっと利益を増やせます。

逆に株価が下がり始めたら、そこで売っても利益は出せるでしょう。

ちなみにこの半分を手仕舞いするという方法は、森林学者で巨万の富を築いた本多静六氏が実践していた方法でもあります。

過去の偉人たちによって生み出された投資格言、ぜひ参考にしてみてください。

【前編→株式投資に役立つ相場の格言まとめ(1) 人と違うことをする

【おすすめ 証券会社ランキング】
1位:楽天証券
2位:GMOクリック証券
3位:ライブスター証券

[スポンサードリンク]

 - 投資・株・FX・お金の勉強, 株の売買 ,