株やFXの初心者・入門ガイド

TPP交渉が合意されたらぜひチェックしたい株の銘柄はこれ!

      2015/11/10

LINEで送る
Pocket

TPP交渉が合意されたらぜひチェックしたい株の銘柄はこれ!

TPP交渉は最終局面へ

アメリカでTPP交渉を合意させるために欠かせないTPA法案も可決して、いよいよTPP交渉が最終局面に入ってきました。

各方面で交渉が進んでおり、たとえばアメリカが日本に求めていたコメ輸入枠の確保については、7万トンの枠を設定し、5万トンを日本政府が確約するという形を日本が提示しています。

日本農業にとってコメは聖域ですが、これくらいの量であれば国内のコメ農家への影響は少ないという判断です。

TPPは日米間で自動車とコメが二大障壁となっていましたが、どちらも合意に近づいています。

さて、もしTPP交渉が最終合意に至った場合、日本株の銘柄で大きく影響がありそうなものをご紹介します。いわばTPP関連のテーマ株です。

(参照→テーマ株とは!?テーマ株の探し方など

[スポンサードリンク]

輸出に追い風となりそうな自動車関連銘柄

まずは自動車株です。たとえばトヨタ自動車の場合、海外売上高比率は約70%となっています。そのため、TPPによって参加国で課せられる関税が低くなるか撤廃されれば、さらに売りやすくなります。

もちろんアメリカやカナダなどの自動車が今よりも安く輸入されるため、国内での競争は激しくなるかもしれません。

ちなみに軽自動車については税金面での優遇がやや薄れましたし、TPPに関連してアメリカが軽自動車という規格を廃止せよ、と日本に圧力をかけている、という話もありました。

ただ、今のところは軽自動車規格が撤廃されることはなさそうです。

国内メーカーが製造する自動車は、安いものでは数十万円で新車が買えて、衝突安全性や燃費性能が高く、長年乗れるというとても高品質なものです。

こうしたスペックの高さはなかなか他国のメーカーには真似ができませんので、TPPは国内の自動車メーカーにとっては、国内市場のシェアを守りつつ、海外市場での販売台数を増やすことにつながるのではないか、と考えます。

そのため、ほとんどの自動車メーカーにとってTPP参加は株価の上げ材料になるのではないでしょうか。たとえばマツダ(7261)は、軽自動車並みの値段で買えて、第三者機関のテストで最高ランクという高い安全性能や、クリーンディーゼルによる低燃費、そして軽油を使うことでガソリン代を節約できるデミオなどを販売しています。

マツダはもともと輸出比率が高く、TPPによってさらにはずみがつくことでしょう。業績も好調で、自己資本比率も高くなっています。ROEも20%前後という高さです。

[スポンサードリンク]

トラックは関税が高い

ちなみに自動車については、アメリカは日本製のトラックに25%という高い関税を掛けています。これが撤廃あるいは低くなれば、日本のトラックメーカーには強い追い風になります。

ただ、トラックの関税がどうなるかについてを調べてみましたが、新聞などでも報道されていないようでした。

トラック関連銘柄としては、たとえば日野自動車(7205)があります。31%を海外に輸出していますので、これが増える可能性があります。

日野自動車は予想配当利回りが2.49%と高いですが、PBRも2倍を超えています。業績も財務も優秀ですので、トータルで評価されてすでに買われているという状況です。

ちなみに前出のマツダもトラックを製造しています。トラックの関税がTPPでどうなるのか、今のところは不明ですが、聖域なき関税撤廃がTPPの原則ですので、国内トラックメーカーにとって良い方向に行くのではないでしょうか。

食材を輸入する業者にもTPPはプラスに

続いて食品関連銘柄です。日本はご存知のように食料自給率が低いですし、牛丼の吉野家のようにおいしさを追求して、牛肉を海外から輸入する企業も多いです。

この場合、TPPで海外の農産物や食肉などに掛かる関税が低くなれば、それだけ安く仕入れられるようになります。

たとえばパン作りに欠かせない小麦は、ほとんどが海外からの輸入品です。現在行われているTPP交渉では、日本政府が事実上の関税削減をするようです。

そうなれば、パンメーカーにとっては小麦を安く仕入れられるようになり、有利です。関連銘柄としてはたとえば第一屋製パン(2215)をご紹介しましょう。

PBRは1未満で割安です。経営再建中ですが、BPSも増加傾向ですし、13年と14年は経常黒字です。自己資本比率も4割を超えています。

もう一つ、幸楽苑ホールディングス(7554)をご紹介します。低価格のラーメンを提供しています。ラーメンの原料は小麦ですので、やはり小麦の仕入れ価格が下がるのはプラスになることでしょう。

ただPBRが3倍に近くなっているので、買うには遅いかもしれません。

以上、TPP関連のテーマ株をご紹介しました。

たとえば食品メーカーで原料を輸入しているところは多いですので、そうした銘柄も探してみてくださいね。

【関連記事】
株とFXとの違いって何なの?
クジラやクジラ買いの意味とは?年金系マネーや機関投資家たちが株価を左右する!?
「イナゴ投資家」増殖中??イナゴタワーの意味とは??
ファーストペンギンを目指せ!!ファーストペンギンとは?
貸株サービスの比較!メリットだらけの貸株とは?

[スポンサードリンク]

 - 投資・株・FX・お金の勉強, 銘柄の選び方 ,