株やFXの初心者・入門ガイド

サクソバンクFX証券「スタンダードコース」特徴まとめ

      2015/11/10

LINEで送る
Pocket

saxobank

(更新日2015,8,16)

サクソバンクFX証券はサクソバンク(デンマークにある投資銀行)の100%子会社が提供するFX業者です。

サクソバンクの特徴として月曜日の早朝3時(夏時間は4時)からトレードできるというものがあります。

また、サーバーも強固なためスリッページしにくいという良質のFX業者としても知られています。

ここではサクソバンクFX証券の[スタンダードコース]についてご紹介します。

ドル円0.4pipsの狭いスプレッドを提供

サクソバンクFX証券[スタンダードコース]はドル円0.4pipsの狭いスプレッドを提供します。

ほかにもユーロ円は1.5pips、ユーロドルは1.0pipsと比較的スプレッドが狭いのが特徴です。

ドル円0.4pips
ユーロ円1.5pips
英ポンド円2.5pips
豪ドル円1.2pips
NZドル円2.5pips
ユーロドル1.0pips

南アフリカランド14円の高スワップ金利

サクソバンクFX証券[スタンダードコース]は月曜日の早朝からトレードできるという点だけが有名ですが、実は高いスワップ金利を提供しているということも忘れてはいけません。

南アフリカランドでは14円の高スワップ金利を実現しています。南アフリカランドでは10倍の取引通貨量を持つため、1日あたり実質140円のスワップ金利が発生することになります。

ドル円4円
ユーロ円-13円
英ポンド円18円
豪ドル円54円
NZドル円64円
南アフリカランド14円

取扱い通貨ペア数164通貨ペア、スペック詳細

サクソバンクFX証券[スタンダードコース]は最低入金額が10万円、取引単位が5000通貨からということで、1000通貨に慣れている方には少し難易度が高く感じるかもしれません。

その分、サービスの充実度が非常に高くなっています。

取扱い通貨ペア数は164通貨ペアFX業界最高水準となります。

そして、なんといっても最大の特徴は表には書いていませんが、月曜日の早朝3時からトレードができることです。

通常、月曜日のオープンは7時(夏時間は6時)ですが、サクソバンクFX証券[スタンダードコース]では3時(夏時間は4時)から取引できます。

夏時間の方が遅くなるのはサクソバンクFX証券[スタンダードコース]が南半球のニュージーランドの時間を基準にしているためです。

 

最低入金額10万円
取引単位5000通貨
最大レバレッジ25倍
取扱い通貨ペア数164通貨ペア
Mac対応対応(ブラウザ型のみ)
自動売買非対応
デモ口座あり

クイック入金もできる

サクソバンクFX証券[スタンダードコース]はクイック入金に対応したFX業者です。

銀行の営業時間外など、緊急で証拠金が必要になったときにも入金できるのも嬉しいところです。

クイック入金可能
出金手数料会社負担(月3回まで)

iPhone・Androidからも操作可能

モバイルはiPhone、Androidともに対応しています。出先でチャートを見たいときに重宝します。

パソコンと同様、モバイル用のシステムも毎月進化しているので、使い勝手はとても良くおすすめです。

iPhone可能
Android可能

いざというときのメール通知

サクソバンクFX証券[スタンダードコース]ではロスカットとマージンコールに対応しています。

約定通知には対応していません。

ロスカットあり
マージンコールあり
約定通知なし

会社概要

運営会社サクソバンクFX証券株式会社
所在地東京都港区麻布台1-7-2 神谷町サンケイビル10F
電話番号0120-007-390

まとめ

サクソバンクFX証券[スタンダードコース]は月曜日の早朝3時(夏時間は4時)から取引できるFX業者です。

FXトレーダーの中には月曜日の窓埋めを狙うためだけにサクソバンクFX証券[スタンダードコース]に口座開設している方も少なくありません。

FX口座を上手に使い分けて優位性のあるトレードをしていきましょう!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
サクソバンクFX証券の詳細はこちら

[スポンサードリンク]

 - FX, 投資・株・FX・お金の勉強 , ,