株やFXの初心者・入門ガイド

Pepperstoneから受け継いだ新興TitanFXの実力

      2015/11/10

LINEで送る
Pocket

titanfx

最大レバレッジが200〜1000倍であることや、多くの通貨ペア数が選べること、NDD方式で透明性が高い取引ができることなどから、海外FXを選ぶFXトレーダーが増えてきています。

日本における海外FXは、FXDDやFxProが人気のFX業者でした。

しかし、MetaTrader4(MT4)が使える海外FX業者はお世辞にもスプレッドが狭いとは言えません。ドル円やユーロドルといったメジャー通貨ペアでも3.0pipsほどのスプレッドを強いられる海外FXに躊躇う方も多くいました。

2010年、オーストラリアで設立されたPepperstoneは、海外FX業者はスプレッドが広いという常識を覆し、MetaTrader4が使えるにもかかわらず、メジャー通貨ペアで1.0pipsを実現するなどして、多くのシェアを獲得することに成功しました。

しかし、2014年、オーストラリアのPepperstoneは当局からの警告を受けて、日本撤退を余儀なくされることになりました。「投資家を守る」という名目ではありましたが、実際のところは国内FX業者からの圧力を受けたものと言われています。

そして、2015年、ニュージーランドからTitanFXが誕生しました。

[スポンサードリンク]

TitanFX

TitanFXは2015年に設立されたばかりのFX業者です。

しかし、運営をしているのは日本のFXトレーダーにも愛されていたPepperstoneと同じと言われています。これは多くのウェブサイトで言われていますが、公式の発表ではありません。

ただし、スプレッド体系が同じことや、おなじオセアニアのライセンスを受けていることから同じであると考える投資家が多いようです。

TitanFXの魅力

Pepperstoneを利用していた方は分かると思いますが、TitanFXもMetaTrader4を採用しているFX業者とは思えないほどスプレッドが狭いのが特徴です。

レバレッジは最大500倍に対応しているため、1万通貨を保有するのに必要な証拠金はわずか2000円になります。

また、クレジットカードのほか、国内銀行からの送金にも対応しているので、高い手数料をかけることなく取引ができるメリットもあります。

追証は?

TitanFXは海外FX業者なので「追証」がありません。

FXは通常、預けた証拠金以上にマイナスになることはありませんが、急激な相場変動が起きてしまった場合、強制ロスカットが追いつかず、口座残高がマイナスになってしまうことがあります。

TitanFXは「ゼロカット」制度があるため、マイナスになってしまった口座残高はゼロに調整されます。

[スポンサードリンク]

GMTは+2を採用

システムトレーダーなら気になるGMTは+2(夏時間は+3)を採用しています。

GMTとはグリニッジ標準時のことで、TitanFXは+2、つまり日本より-7時間(夏時間は-6時間)の時差のチャートを採用しています。

これはニューヨーククローズの時間である日本時間午前7時(夏時間は午前6時)に日足ができるというもっとも使いやすいチャートが生成されることになります。

キャッシュバックはあるの?

海外FXというと高額なキャッシュバックを期待される方も多いと思います。

しかし、TitanFXではキャッシュバックはありません。そもそも、透明性の高い運営をしていると高額なキャッシュバックは無理という考えがあるのです。

TitanFXからのキャッシュバックはできませんが、FinalCashBack経由で口座開設すると取引するごとにキャッシュバックを受けることができるので、TitanFXの口座を開設するときは、忘れずにFinalCashBack経由からの口座開設をするようにしましょう。

まとめ

Pepperstoneの意志を引き継ぐ、新興のFX業者、TitanFXをご紹介してきました。

海外FXは高いレバレッジなどで人気が高まってきています。

ぜひキャッシュバックを受けながら世界基準のFXを体験してみてください。

【当サイトおすすめのFX会社】
DMM FX  (初心者におすすめ、DMM.com証券は国内口座数第1位)
 ※2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)
GMOクリック証券【FXネオ】 (株とFXどちらも取引したい方に!)

【関連記事】
株とFXとの違いって何なの?
FXはリスク管理ができれば怖くない
資金が少なくても大丈夫!少額からはじめるFX
ドル、ユーロ、円、FXの通貨ペアの特徴まとめ
FXの魅力のひとつ「スワップ金利」とはどんなもの?

[スポンサードリンク]

 - FX, 投資・株・FX・お金の勉強 ,