株やFXの初心者・入門ガイド

日経225のCFDを取引するメリットとは?

      2015/11/10

LINEで送る
Pocket

mark

ここ1、2年、株式相場が上昇していることで再び株式が注目されるようになってきました。

アベノミクス相場前までの株式市場は下落しかなく、また微動だにしない相場でやきもきしていた方も多かったと思います。

FXの場合、相場が上がっても下がっても利益を出すことができる上、自己資金に対して大きくレバレッジをかけることも可能です。そのため、両者を比べるとどうしてもFXに軍配が上がるという点が否めません。

しかし、株の銘柄を扱うように225のCFDがあるのはご存知でしょうか。

ここでは225のCFDについて見ていきます。

[スポンサードリンク]

225と225miniとは

225とは、日経平均株価を表します。

日経平均株価とは、東京証券取引所第一部に上場する銘柄のうち、日本を代表する225銘柄を対象にした株価指標です。日本を代表する企業の株価指標ということで日経平気株価を見れば、現在の日本の景気が分かることになります。

225の先物取引がいわゆる日経225先物取引です。ただし日経225先物取引は大きな証拠金が必要になるため、一般的な個人投資家の間では日経225先物取引の10分の1の取引数量で取引できる225miniを扱うのが一般的です。

225のCFD

225には先物取引だけでなくCFD取引もできます。

CFDとは差金決済取引のことです。

(参照→株やFXだけじゃない、指数取引もできるCFDとは?

預けた証拠金に対してレバレッジをかけて取引し、その損益の差だけを受け渡します。

そう考えるとFXもまったく同じ仕組であることが分かります。参照記事にもありますが、一般的に外国為替を扱うときはFX、商品や株価指数などを扱うときはCFDと使い分けます。

[スポンサードリンク]

日経225先物取引にない225CFDの魅力

225のCFDには先物にないメリットがあります。

それは取引時間がほぼ24時間であることと、レバレッジをかけられることです。

先物取引は株式市場がオープンしている時間でしか取引できないため、9時〜15時までの取引になります。しかし、実際にこの時間帯に取引できるトレーダーは専業トレーダーを除くと多くいません。ほとんどの方が兼業で取引しているため取引できるのは夕方以降が多くなります。

225のCFDではほぼ24時間取引できるため、先物取引のように取引時間に縛られることがありません。

また、225CFD取引は大きなレバレッジがかけられるのが特徴です。

先物取引の場合、証拠金はSPAN証拠金で設定されています。日経平均が2万円前後の2015年現在において、225先物取引に必要な証拠金は約100万円前後です。225miniの場合は10分の1なので約10万円前後になります。

それでもかなりの証拠金が必要になることが分かります。

225のCFDの場合、たとえばDMM.com証券の場合、最大20倍のレバレッジがかけられます。そのため、100万円分の取引をするのに必要な資金は約5万円まで下げることができます。

225を取引するメリット

日経225先物取引、CFDに共通することですが、225を取引するメリットとして「買い」からも「売り」からも入れることがあげられます。

通常、現物株の場合、これから上がるだろう株式の銘柄を買うことが基本になりますが、指数取引の場合は、これから下がると思えば「売り」からも入ることができます。

そのため、相場が上がろうが下がろうが利益を出せるというのが225を取引するもっとも大きなメリットと言えます。

まとめ

日経225をCFDで取引するメリットについて見てきました。

投資はひとつの銘柄に集中するよりも、いくつかの銘柄に投資をした方がリスクを分散することができます。

普段、株式やFXだけトレードしているという方は、ぜひ225のCFDも取り入れてみてはいかがでしょうか。

【当サイトおすすめのFX会社】
DMM FX  (初心者におすすめ、DMM.com証券は国内口座数第1位)
 ※2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)
GMOクリック証券【FXネオ】 (株とFXどちらも取引したい方に!)

【関連記事】
株とFXとの違いって何なの?
FXはリスク管理ができれば怖くない
資金が少なくても大丈夫!少額からはじめるFX
ドル、ユーロ、円、FXの通貨ペアの特徴まとめ
低位株、安い株について

[スポンサードリンク]

 - CFD, 投資・株・FX・お金の勉強 ,