株やFXの初心者・入門ガイド

ウォーレン・バフェット流の資産形成を個人でも!

      2015/06/10

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

ウォーレン・バフェット氏が世界長者番付で常にトップクラスに位置しているのがなぜだか分かりますか?

もちろん投資家として必要な能力が素晴らしいんでしょうが、それ以外にもビジネスモデルが見事なまでに構築されているんです。

興味ある方はウォーレン・バフェット氏の本を

そして我々、株の初心者もそんな”偉人のビジネスモデル“をマネすることができるとしたら?

その方法をできるだけ簡単に解説していきたいと思います。

まずウォーレン・バフェットは”バークシャー・ハサウェイ“という保険会社を持っており、それが毎月安定的なキャッシュフローを生んでいます。

次にバフェットの入念な分析・研究により、成長していく株の銘柄を見つける。

そしてそのキャッシュフローを使い見つけた株に投資をする。(バフェットはコカコーラやジレット、ディズニーなど大手でシンプルなビジネスモデルの会社が好きなようです。)

そうしてバフェットにお墨付きをもらい株価が上がることを約束された株たちは成長し、配当も順調に出していく。

保険会社のキャッシュフローに加え、どんどん増えていく配当がまた新たな株の資金に回されるという、”雪だるま式“に膨れ上がるビジネスモデルがバフェットの作り出したモデルである。

(参照→株とFXとの違いって何なの?

[スポンサードリンク]

孫正義社長もバフェット流を実践!?

これは日本長者番付1位のソフトバンク・孫正義社長も実践している方法でもあります。

私はIT業界のウォーレン・バフェットだ」と自ら宣言するほどウォーレン・バフェット氏を敬愛している孫社長。

ちなみにソフトバンク流の雪だるまの作り方は、移動体通信と言われる携帯電話の利用料により、毎月の安定したキャッシュフローを確保し、それを成長させる。

そしてその資本を使い成功・成長しているIT企業に出資していく。

IT企業は利益率が高く、1位総取りといわれるほど弱肉強食の世界。

ただその1位を取った企業に出資することにより、盤石なグループを作っていく。

その会社が成長・成功により時価総額の増大や配当、上場により莫大なキャッシュが手に入る。

孫社長は5000社のグループ企業、200兆円企業を作ると鼻息が荒い。

ソフトバンクは今も刻々と、そのIT企業グループは増殖し、進化していっている。

世界トップクラスと日本トップの人が実践しているということは万国共通で圧倒的な成功を収めるための方程式ということになる。

そういった偉大な成功者は”起業家として“と”投資家として“の両輪で価値を最大化することを目指しているようだ。

[スポンサードリンク]

私たちにもできる?雪だるま式の資産形成

もし私たちが”ウォーレン・バフェット氏”や”孫正義氏”に学び、ビジネスモデルを構築しようとするとどうなるか?

両者の共通のポイントとして「安定的で成長していくキャッシュフロー」を作り、「成長株に投資」すること。

そう、まずはビジネスなのだ!!ビジネスのキャッシュフローが先にあり、その資金で投資する。

規模や金額のことは置いておいて、ビジネスと投資の両輪で自分の資産の”雪だるま”を作ること。

個人でそんなことは可能なのだろうか?

私は可能だと思う。

なぜそんなことが言えるのかというと、インターネットの普及が大きい。

今ではネットの広告システムを使えば、例えばWEBやブログを持ち、運営し広告を貼る。動画をYouTubeにアップして広告をオンにすることによって、そのアクセス数、広告へのクリック数に乗じて、収益をあげる事ができる、そんなすごい時代なのだ。

(その広告システムとはアフィリエイトと言われており、グーグル広告システムでは、広告出稿側はアドワーズ、広告掲載側はアドセンスというので、興味のある方は調べてみてください。)

何事もすぐには成功できないが、地道に良いコンテンツを作り続けていけば、積み立て式に収益が上がる可能性がある。

この仕組みの良いところはコンテンツを生み続けていくと”不労所得の部分”が増えていくこと。

そしてキャッシュフローを作る事ができれば、”投資”という車輪もまわすとこができる。

良いコンテンツを作り続け収益を積み上げて、投資によってキャピタルゲインやインカムゲインで資産を増やしていく。それを繰り返し繰り返し行っていく。

今の時代”ネット資産“と”金融資産“の両輪で自らの資産形成、資産運用を行うのは賢いやり方だと思う。

もしそれでまとまった事業収入、配当収入が得られるようになったら、パソコンとネットがあれば自営でも仕事ができるようになるし、ネット証券を利用して投資したりといつでも、どこででも資産形成できるようになる。

場所や時間に縛られない生き方、働き方という選択肢というもの考えてみてほしい。

これこそ21世紀型の働き方ではないか。

サラリーマンやOL、アルバイトの人は副業から初めてもいいだろうし、趣味として楽しみながらしても良いだろうし、”ネット資産“と”金融資産“を積み上げて、自分だけの資産形成、資産運用するのはいかがだろうか?

少しでも参考になれば幸いです。ここまで読んで頂きありがとうございました。

【関連記事】
“金投資の初心者”のための基本
初心者のための「債権」入門
FXと外貨建てMMF、外貨貯金の違いと比較
伝説の投資家”ウォーレン・バフェット”の保有銘柄まとめ
投資には、REIT(リート)という手法もあります

[スポンサードリンク]

 - 投資・株・FX・お金の勉強 , , , , ,