株やFXの初心者・入門ガイド

魔法の言葉”複利”について考えてみよう

      2015/06/10

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

株や投資はいつ始めるべきか?という問いをよく耳にします。

学生の時に始める人もいるだろうし、社会人になってから始める人もいる。

30代、40代と年を重ねてから投資を始める人もいる。

「結論を言うと早いに越したことはない」

ということになる。

よって「興味を持ったら始めるべき」とも言える。

皆さん株の初心者の方も”複利“という言葉を聞いたことがあると思う。

この魔法のような言葉”複利“を身につければ、きっとあなたの投資が好転するはずだ。

[スポンサードリンク]

実際に積立てて複利の計算をしてみよう

それでは実際の数字をだして、複利の計算をしてみよう。

(こちらで計算できます→複利の計算

毎月3万円を投資にまわし積立し、年間5%の利回りがあがるとする。

その利回りの5%も再投資されて、”複利“が発生することになる。

1年だと:投資額360,000円→実際資産378,000円(プラス18,000円)
3年だと:投資額1,080,000→実際資産1,191,645円(プラス111,645円)
5年だと:投資額1,800,000→実際資産2,088,689円(プラス288,689円)
10年だと:投資額3,600,000→実際資産4,754,443円(プラス1,154,443円)

始めの1年は少し増えたなという感じ。
3年経つと、増えたなという感じ。
5年経つと、結構増えたなという感じ。
10年経つと、100万を超えてくる!!

この先はまさに加速度的に増えることになる。

投資の醍醐味である”複利“は、早ければ早いほど資産がふくれあがるのだ。

複利の逆でいう”単利“では、複利に比べ加速度的には伸びてこない。

あの天才科学者のアインシュタインですら「複利とは人類が発明したもっとも驚くべきものだ」

と言わしめるほどの、すごい力。

[スポンサードリンク]

初心者も単利ではなく”複利”で積み立てよう

我々、株や投資の初心者でも、この”複利“を使うことができれば、億万長者も夢ではない。

普通の給料でも毎月積み立てられる金額で”複利の力“を使えば億万長者になれます。

もちろんこれは机上の空論であり、5%がマイナスになるかも知れないし、10%を超えるかも知れない。

そこで何に投資するかがとても重要になってくる。

株か、債券か、不動産かリートか、外国通貨(FX)、金などの商品か。

不動産はこれから人口が減っていく日本では成功は難しいかも知れない。

(もしかしたら、人口が増加していく東南アジアではチャンスが転がっているかも。。。)

無難にいくなら期間と利回りの決まっている債券という手もあるだろうし、インフレ対策として金などの実物資産もありかも知れない。

ただ投資の偉人と言われる人たちはやはり”株式投資”がメインになっているのではないだろうか。

(参照:ウォーレン・バフェット流の資産形成を個人でも!)

はたまたハードルは上がるが、海外投資に挑戦して、世界最高レベルのファンドマネージャーがいる海外ファンド、海外の成長に資産を投資する海外ETF、海外株式などに投資するのも選択肢になってくる。

まずは自分のビジネス(仕事)の基盤を作り育てて、資金を投資にまわす。

その積み重ねが大きな資産となる可能性を秘めている。

ぜひ投資の基本を身につけて、賢く生きていきたいものだ。

【関連記事】
初心者のための”ネット銀行”・入門
FXと外貨建てMMF、外貨貯金の違いと比較
ETFとは?ETF入門
投資には、REIT(リート)という手法もあります
貸株サービスの比較!メリットだらけの貸株とは?

[スポンサードリンク]

 - 株の初心者ブログ , , , ,