株やFXの初心者・入門ガイド

マネパカード!!海外ショッピングをクレカよりお得に!!

      2015/06/10

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

結論:海外でマネパカードを使うと、

クレジットカードより、手数料が半額ほどで使える!!

マネパカードはFX業者のマネーパートナーズが運営する、新しい「トラベルプリペイドカード」。

クレジットカードではないので審査もなく、日本に住んでいる16歳以上の方であれば誰でも申込みが可能となっている。(発行も年会費も無料。)

この一枚のカードに米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルの5通貨をチャージすることができるので、この通貨の国に行く予定があればレートの良い時にチャージしておき、いつでも両替した時のレートで利用が可能でとてもお得に使える!!

海外での利用はショッピングや”ATMからの現地通貨での引き出し“ができるのと、”マスターカードが使えるレストラン“などでも使用が可能。

(参照→株とFXとの違いって何なの?

日本の銀行や両替店で外貨に両替をすると、米ドルなら1ドルにつき3円程度、ユーロなら4円程度、英ポンドなら11円程度等両替にはかなり高い手数料等のコストがかかります。

マネパカードを利用すれば、外貨両替と比べて最大95%も手数料等のコストが圧倒的におトクになってきます。(クレジットカードより手数料が半額程度に。)

5通貨以外を利用している国でも、カードに米ドルをチャージさえしておけば、マスターカードが換算したレートでショッピングやATMで現地通貨を利用することができる。

海外に旅行に行く前にチャージをしておけば、日本円と米ドルのレートを見ながらマネパカードを使うか、クレジットカードを使うかという選択肢も増えてリスクヘッジにもなる。

マネパカードは海外キャッシュカードやクレジットカードではなく、マルチカレンシーの海外専用プリペイドカードとなっているので、日本国内では使用できない。

海外キャッシュカードは海外のATMで現地通貨を引き出すことができるだけだけど、マネパカードであればマスターカードのマークのあるお店でお食事やお買物をすることができます。

また、年会費も発行手数料も無料。

ちなみにマネパカードは、チャージさえしておけば1回のお買物で約80万円、1日では約100万円までどなたでも利用が可能。

カードショッピング保険がついているので、カードで購入した商品が紛失や破損・盗難にあった場合でも、総額50万円まで補償されます。

24時間365日対応の日本語のサポートデスクもあり、カードの盗難・紛失に気が付いたときすぐにご連絡すれば、連絡時点の残高を補償されます。

海外へ行くときのパートナーになる一枚

投資家たるもの、利益は最大、コストは最小に。

もし海外に行く機会があれば、手数料が安くなるこのカードを持って行きたい。

出費は押さえてその分投資にまわす。

そういう意味で、このカードは強い見方になってくれます。

旅行に行く方、海外視察に行く方、インカムゲインで海外生活をしたいと思っている方にもおすすめしたいこのカード。(申し込みは日本在住者のみです)

FX業者のマネーパートナーズさんがやっているということもあり、銀行ではマネのできないほど、スプレッドが狭くなっている。

海外行くときには、もちろんクレジットカードも持参するだろうけど、このマネパカードはメインのカードとしても、セカンドカードとしても活躍してくれそう。

もうひとつ、外貨両替・受取サービスというものがあり、空港で現金を受け取りたい方はこのサービスも要チェック。

(参照→マネーパートナーズの外貨両替・受取サービスはすごい!!

[スポンサードリンク]

株の初心者・入門ガイドの運営者のつぶやき

どんどん新しいサービスが始まる。

株の売買でも、ネット証券が出る前までは店頭で株券を買わなければ行けなかった。

ネット証券の登場で、手数料が格段に安くなり、情報も収集しやすくなり利便性も向上した。

個人投資家でも機関投資家と同じ土俵で戦えるようになってきている。

あとは自分のやる気次第だし、株の初心者でも入門書を読んだり、ネットで勉強したりできる。

だれでもチャンスを掴む事ができる時代に感謝しながら、このマネパカードについても前向きにとらえ、私も使っていきたいと思う。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

【関連記事】
アメリカ株の基本情報と、日本株との違い
初心者にもおすすめ!アメリカ株の魅力と買い方
初心者でもわかる、”中国株投資”・入門
初心者のための”ネット銀行”・入門
世界の政策金利では最高20%の国もある

[スポンサードリンク]

 - その他の金融・マネー情報, 投資・株・FX・お金の勉強 , , , ,