株やFXの初心者・入門ガイド

株を保有することで得られる権利や影響力まとめ

      2015/06/10

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

上場している会社の株を買うということは、その会社の一部を保有するということです。

そして株を保有すれば、配当が得られたり、株主優待などのメリットが得られます。

さらに一定の割合以上の株式を保有することで、その会社への影響力が高まっていきます。

その権利について見ていきましょう。

[スポンサードリンク]

株式の保有率による権利について

○「1%」の株を保有すると!
その会社の株主総会で議案を提出することができるようになります。

○「3%」の株を保有すると!
その会社の帳簿を見ることができ、3%以上の株の保有を半年以上持つと、株主総会を招集し取締役の解任を請求することができます。

帳簿とは会社のほとんど全ての経理関係資料を指しますので、日ごろどのような経営がなされているかが丸見えになります。経営陣にはストレスになるでしょう。

○「10%」以上の株を保有すると!
会社の解散請求ができるようになります。

○「34%」の株を保有すると!
株主総会で提案される議案に対し、拒否権を持つことができる。

特別決議(※)も単独で阻止することが可能となるわけです。

34%以上保有する株主についてオーナーは会社経営にあたり相当意識する必要が出てきます。

※特別決議とは定款の変更、取締役の解任、合併や解散など非常に重要な事柄を決める決議です。

(34%は三分の一超)

○「51%」の株を保有すると!
経営権を得ることになる。取締役を選任したり、決算を承認したりが可能に!

株主総会の普通決議が可能になります。ただしもしその他に34%の株を保有している株主がいれば、拒否されることもあります。(過半数超え)

○「67%」の株を保有すると!
誰にも拒否権を与えずに経営できるので、会社を自由にコントロールできる。

新株の発行、合併、定款変更など。株主総会の特別決議が可能になります。

○「100%」以上の株を保有すると!
その会社のいわゆる「神」です。絶対的な権力といえますし、全てを自分の意志で決定することが可能になります。

(参照→株とFXとの違いって何なの?

株の初心者・入門ガイドの運営者のつぶやき

大量に株を保有するということは単に、売却して利益がでたとか、損失が出たとかいうよりも大きな意味を持ちます。

その権利・権力をもってしまうことにより、従業員に対して、お客様に対しての責任でてきます。

あの伝説の投資家ウォーレン・バフェット氏は、経営権の権力を持ったとしても、その権力を行使しないことで有名です。

魅力があるからその会社の株を買ったのだから、そのまま経営陣に経営をしてもらいたいと思っています。

経営陣を解雇するのは、エレベーターのないエッフェル塔を買うようなものだ」と。

その会社をマネージメントできる、経営陣がいてこその会社だと言っています。

投資家としてその成長に乗りたいのか、会社の権利を得て影響力を行使したいのか?

目的によりいろいろ変わってきますし、今回さらに株式投資の凄さを知った気がします。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

(参照→株の証券会社を比較しよう

(参照→株の証券会社、手数料の安さランキング

[スポンサードリンク]

 - 投資のレポート, 投資・株・FX・お金の勉強 , , , ,