株やFXの初心者・入門ガイド

初心者のための「債権」入門

      2015/06/10

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

債券とは簡単に言えば、1年後に何%の配当利回りをつけてお金を返します。と約束された有価証券です。

株との違いは、どちらも企業の資金調達として使われていますが、株式は自己資本として扱われるので返済義務はなく、社債は償還期限がありますので負債として扱われます。

投資家からすると、株とはリスクリターンが高い投資で、債権は保守的な資産運用と言えます。

約束の償還日まで債権を保有していれば、元本割れのリスクはありません。

債権のメリットは、銀行貯金や定期貯金に比べて利息が高いことです。

逆にデメリットは償還前に途中売却をした場合、元本割れをする可能性があること。

その債権元(発行会社など)が経営破綻してしまうと、債務不履行になってお金が返ってこなくなる可能性が有ります。

債権の中でも、信用力のある会社は利回りが低くなっており、利回りが高い会社というのはリスクが高くなっているのが基本です。

[スポンサードリンク]

債権の種類・一覧

国が発行した債権は”国債“といいます。

政府関係機関が発行する債権を”政府関係機関債“(政府保証債ともいう。)

地方公共団体が発行するものを”地方債“(東京都債、大阪府債など)

会社が発行したものは”社債“といいます。

リスクとリターンが小さい順に
「銀行貯金・定期貯金」<「国債」<「社債」<株式投資
となります。

[スポンサードリンク]

社債のなかでも”普通社債”、”転換社債※”、”ワラント債”、と種類があります。

普通社債は一般的な債権となります。

転換社債(CB)とは、債権としての役割を果たしてくれると同時に、希望すれば「決められた転換価格で社債を株式に変えられる」“選択肢”がついた債券のことです。

基本は債券ですので、償還期限、金利、額面が決まっています。償還期限まで持てばもちろん元本は戻ってきます。

よって転換社債とは「利息収入」と「株式の値上がり」の両方が狙えるという特徴があります。

この特性があるため、債権の金利は低く設定されますが、株価が上がらなければ債券として保有し、株価が上がれば売却利益を得られるという債券と株式の利点を兼ね備えたのが転換社債(CB)です。

発行会社側は、普通社債よりも低いコストで資金調達ができ、株を買ってもらったようなもので、借りたお金を返済しなくてもよくなります。投資家と発行会社ともに利点がある債券と言えます。

ワラント債(新株予約権付社債)とは、発行会社の株式を買い付ける権利の付いた社債のことをいいます。

そしてその権利のことを、ワラント(新株予約権)と呼んでいます。ワラント(権利)を実行することを「行使」する、実行しないことを「放棄」するといいます。

このワラントを持っていると、その会社の株式を好きな時(行使期間内)に、あらかじめ定められた行使価格で買い付けることができます。

外国政府や国際機関、外国企業による債権を”外国債券“(円建て、外貨建て、デュアルカレンシー)と言います。

債券の分類について

次に債券の利払いの有無をみていくと、

利付債」とは、利払いのある債券は”固定利付債”、”変動利付債”と呼び、
割引債」とは、利払いのない債券で、”割引債”、”ストリップ債”と呼ばれています。

機能を見てみると、、

ストレート債」とは、利払いや満期償還がある一般的な債券のこと。
エクイティ債」とは、株式に転換出来たり、引受けの権利が付いた株式絡みの債券となります。

募集形態で見ていくと、「公募債」とは、誰でも買える債券で、「縁故債」とは、特定の人だけが買える債券のこと。

債券の発行状況では、「新発債」は新規に発行される債券のことをいい、「既発債」とは、既に市場で取引されている債券のことを言います。

株の初心者・入門ガイドの運営者のつぶやき

このように債券でも種類がたくさんあり、呼び方も様々です。

そして債券の商品もたくさんありますので、選ぶのに苦労しそうです。

ぜひ自分にあった債券を見つけてみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

【参照記事】
初心者のための「債権」入門
“金投資の初心者”のための基本
初心者のための”ネット銀行”・入門
FXと外貨建てMMF、外貨貯金の違いと比較
ETFとは?ETF入門
投資には、REIT(リート)という手法もあります

[スポンサードリンク]

 - 投資・株・FX・お金の勉強 , , , ,