株やFXの初心者・入門ガイド

2014年 IPO銘柄の一覧と年末のIPO予定

      2015/06/10

LINEで送る
Pocket

【参照】
新規公開株(IPO)とは何?IPOって儲かるの?
IPOでの抽選で有利なネット証券とその特徴

○東証一部・二部上場企業

・公開日、株価コード、会社名、調達額、公募価格→初値
3月12日、9414、日本BS放送、48,7億円、1820円→1940円
3月13日、4246、ダイキョーニシカワ、67,2億円、1600円→1799円
3月18日、6810、日立マクセル、765億円、2070円→1971円
3月19日、6740、ジャパンディスプレイ、3347億円、900円→769円
4月8日、9090、丸和運輸機関、31,2億円、3400→3100
4月18日、3191、ジョイフル本田、110億円、2700→2650
4月23日、9024、西武ホールディングス、445億円、1600→1600
6月25日、4979、OATアグリオ、38,6億円、4200→3935
7月23日、6097、日本ビューホテル、27,7億円、2200→2150

[スポンサードリンク]

○マザーズ上場企業

・公開日、株価コード、会社名、調達額、公募価格→初値
2月13日、4589、アキュセラ・インク、190億円、1800→2300
3月12日、6092、エンバイオ・ホールディングス、752億円、580→1311
3月25日、3685、みんなのウェディング、47,6億円、2800→3560
3月26日、7779、CYBRTDYNE、89,6億円、3700→8510
3月26日、3686、ディー・エル・イー、17,9億円、1200→2412
4月23日、3687、フィックスターズ、4,91億円、3450→9040
6月18日、3299、ムゲンエステート、35,8億円、1200→1320
6月24日、6094、フリークアウト、15,9億円、2000→7000
6月27日、6096、レアジョブ、3,49億円、1170→3155
6月27日、6095、メドピア、10,8億円、4000→9250
7月2日、3688、VOYAGE GROUP、104億円、2400→3360
7月15日、3689、イグニス、26,6億円、1900→8400
9月11日、7172、ジャパンインベストメントアドバイザー、11,2億円、2550→5770
9月17日、3690、ロックオン、5,12億円、1300→5000
9月18日、3691、リアルワールド、14,2億円、2530→4505
9月19日、3300、AMBITION、5,91億円、960→1555
9月24日、3195、ジェネレーションパス、5,6億円、1200→2630
9月25日、4591、リボミック、57,2億円、2300→1830
9月30日、3692、FFRI、5,55億円、1450→4010
9月30日、3196、ホットランド、42,6億円、2110→2074

○ジャスダック上場企業

・公開日、株価コード、会社名、調達額、公募価格→初値
3月6日、3683、サイバーリンクス、6,9億円、2400→6550
3月20日、3190、ホットマン、10,8億円、520→871
3月28日、エスクロー・エージェント・ジャパン、4,96億円、2700→8090
4月8日、6616、トレックス・セミコンダクター、40,3億円、5000→4480
4月23日、3192、白鳩、6,81億円、520→760
5月22日、3297、東武住販、5,12億円、1250→1400
6月12日、7169、ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング、24,3億円、3320→3065
7月10日、3193、鳥貴族、14,8億円、2800→6180

○その他(名証)

6月25日、4247、ポバール興業、2,81億円、980→1045

[スポンサードリンク]

2014年10月以降のIPOの予定

10/01、7173、東京TYフィナンシャルグループ
10/01、2060、フィード・ワンホールディングス
10/01、9468、KADOKAWA・DWANGO
10/02、8365、富山銀行
10/08、6240、ヤマシンフィルタ
10/09、3197、すかいらーく
10/16、6098、リクルートホールディングス
10/21、3695、GMOリサーチ
10/22、3696、セレス
10/22、3694、オプティム
10/30、9467、アルファポリス
11/07、6099、エラン
11/13、3697、SHIFT
11/21、2930、北の達人コーポレーション
11/27、3698、CRI・ミドルウェア
12/11、6027、弁護士ドットコム
12/11、7816、スノーピーク
12/11、3452、ビーロット
12/11、6026、GMO TECH
12/12、3900、クラウドワークス
12/15、6028、テクノプロ・ホールディングス(株)
12/16、7953、菊水化学工業(株)
12/16、6029、アトラ(株)
12/16、3198、SFPダイニング(株)
12/16、3902、メディカル・データ・ビジョン(株)
12/16、9418、(株)U-NEXT
12/16、3901、マークラインズ(株)
12/17、7175、今村証券(株)
12/17、2586、(株)フルッタフルッタ
12/17、4248、竹本容器(株)
12/18、2883、(株)大冷
12/18、3903、(株)gumi
12/18、6030、(株)アドベンチャー
12/19、9551、メタウォーター(株)
12/19、6031、サイジニア(株)
12/22、3261、(株)グランディーズ
12/22、9517、イーレックス(株)
12/22、6032、(株)インターワークス
12/24、3905、データセクション(株)
12/24、3199、綿半ホールディングス(株)
12/24、3221、(株)ヨシックス
12/25、7815、東京ボード工業(株)
12/25、3904、(株)カヤック
12/25、6033、(株)エクストリーム
12/26、3252、日本商業開発(株)
12/26、6034、MRT(株)

(出典:JPX東京証券取引所

[スポンサードリンク]

株の初心者・入門ガイドの運営者のつぶやき

2014年のIPOは、毎年のように100件以上のIPOがあった2000年から2007年までと比べると、58件とあまり多い年ではなかったようです。

しかしリーマンショックや世界金融危機により2008年に49件、2009年に19件と底をついてから、は徐々にIPO件数は戻ってきているようです。

IPOは景気に左右される象徴とも言えます。

IPOの「公募価格」から「初値」が上がるという勝率でも、2001年~2007年までは7割以上の勝率。

2008年~2011年の間の勝率は7割以下で低調な結果となっています。

しかし2012年からはまた7割以上と「IPO株で儲ける」という方程式が復活しています。

加えて東証への上場に比べて、新興市場のマザーズ市場のほうが、勝率や暴騰率も高いようです。

2000年から2014年までの勝率が約73%という数字を信じIPOに応募し挑戦するというのは、株式投資を行う上で良い選択肢になりそうです。

かなり当選率は低いということですから、IPOに応募だけしておいて、当選してから投資をするかどうかを考えるというスタイルでも良いのかもしれません。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

【参照】
新規公開株(IPO)とは何?IPOって儲かるの?
IPOでの抽選で有利なネット証券とその特徴

[スポンサードリンク]

 - 投資のレポート, 投資・株・FX・お金の勉強 , , , , , ,