株やFXの初心者・入門ガイド

金という貴金属、金貨を自動販売機で販売!?

      2015/06/10

LINEで送る
Pocket

金とは世界中どこへ行っても現金に変えられる国籍のない通貨です。

有事の金」とも言われ、社会が不安定になったり、不透明になった時には人気が高まり、値が上がる性質があります。

なので「金価格」は株式が上げ相場だと下げる、下げ相場の時には上がるという分散投資、リスクヘッジにもなります。

しかし経済や株価が登り調子だと金価格は上がりませんので、もし安い水準にあればその間に買っておけば株価が下がりだしたら金価格が上昇するかもしれません。

金の基礎知識について

金の比重は19,32とかなり思い水準にあり、金よりも重い金属は「プルトニウム」「プラチナ」「イリジウム」の3つだけ。

金属としての特徴として変色や腐食が少ない、加えて柔らかいので加工がしやすいというもの。

現在世界には16万トンもの金があり、年間約2500トンずつ採掘によって増えています。

しかしそれ以上に世界がお金を刷り続けているので、金の価値は相対的に上がり続けているのです。

そして金を買うときは通貨高の通貨で購入すると割安で買うことができる

金の純度は普通、「24分のいくつ」で表示、金の含有率が24分の24だと、「24金」、24分の18の75%であれば「18金」と呼ばれます。

金貨や地金はこの「24金」のものになる。

その金貨にはカナダの「メープルリーフ金貨」、オーストラリアの「カンガルー金貨」、オーストリアの「ウィーン金貨」などは各国正式な貨幣として日本で購入することができる。

※価格は金価格に連動

金の重さは「トロイオンス」という単位で使われ、1トロイオンス=約31gとなる。

SBI FXTRADE

今や金は自動販売機で買える時代へ

世界を見渡してみると、ドイツのフランクフルトには金が自動販売機で購入でき、ドバイでもドバイ・モールやアブダビのエミレーツ・パレスでも金が自販機で販売されています。

ちなみに「Gold to go – The Gold ATM」という自販機が使われていて、日本でも宝石店などにこの自動販売機が設置され始めています。

加えてアメリカではホームパーティーに専門業者を呼んで、客が持ち寄った貴金属や宝飾品を鑑定させ、買ってもらうという「ゴールドパーティー」というのも流行ったりしました。

金投資も時代とともに変化していっているようです。

(参照→“金投資の初心者”のための基本

 - その他の金融・マネー情報, 投資・株・FX・お金の勉強 , , ,