株やFXの初心者・入門ガイド

実際にビットコインを手に入れてみよう

      2015/06/07

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

【参照記事】
Bitcoinとは?ビットコインの基本を解説(初心者向け)
おすすめのビットコイン取引所2選
ビットコインおすすめ動画まとめ~池上彰氏の解説、ホリエモンのbitcoinへの考え方など~

ではBitcoinの基本や仕組み、メリットやデメリット、問題点などを紹介しました。

そして今回は実際にビットコインを所有したり、換金の仕方を紹介していきます。


←ビットコインの今のレート

ちなみにビットコインはBTCという単位で取引がされています。

(日本円をJPY、アメリカドルをUSDと略すのと同様です。)

上記のウィジットに最新レートが表示されていますが、現在では1BTC=4万円〜5万円ほどで換金されているようです。(2014年11月現在)

まだまだ新しい通貨ですので、不安定なところもあり、10万円を超えたりもしましたし、3万円台に落ちたりと値幅が広く、リスクの高いものになっています。

日本も楽天などが導入を検討するなど、ネットショップでもビットコインを導入するところが増えてきたり、今後もBitcoinの動向に目が話せません。

[スポンサードリンク]

Bitcoinを手に入れるための準備から方法

そんなビットコインを手に入れる方法ですが、大きく分けて3種類あります。

①,ビットコイン取引所で購入する
②,採掘して手に入れる(上級者向け)
③,お小遣いサイトで手に入れる(初心者向け)

まず①の取引所で購入するとありますが、これは株でいう証券会社で取引するイメージです。

BtcBox
coincheck
bitFlyer

という取引所が有名ですが、BtcBoxでは24時間年中無休で取引できるために、選ぶ人も多いようです。

coincheckは約10分もすればビットコインの売買ができるという手軽さが魅力。

メモ:bitFlyerを立ち上げた、加納裕三氏は米ゴールドマン ・サックス・グループを退社後立ち上げた。

その他に世界185カ国に約10万人の利用者を持つ、krakenというアメリカの仮想通貨取引所が日本に参入しましたが、まだまだ日本への対応が気になるところです。

上記の取引所を使いレートやチャートを見て、安い時に購入したいですね。

次に②の採掘して手に入れる!ですが、これはエンジニアなどITに詳しい専門家でないと難しいかと思われます。

最後に③のお小遣いサイトで手に入れるですが、これなら初心者でも誰でも簡単にビットコインが手に入ります。

例えば広告サイトを5分見るとか、簡単なゲームをするとかでお小遣いがもらえます。

その際1日に入手可能な回数やビットコインなど上限があるみたいで、やればやるほど同じことをやってもお小遣いは減っていき効率は落ちていきます。

しかし24時間の時間が経てばまた、回復するといったイメージです。

いろんなお小遣いサイトがありますが、各サイトに登録をしなければならないのと、別にビットコインを預けるウォレット(財布)の登録が必要です。

私はblockchainというところにウォレットを作り、ID(Identifier)と下記のような長いビットコインアドレスをもらいます。

13mpAy2gG2xY5J6AVpNq6vuttTntNgaS8o(一例)

そしてこのビットコインアドレスを使えば、お小遣いサイトでBitcoinを獲得して行くことができます。

60bitなどある程度ビットコインが貯まると、自動的に設定したウォレットのblockchainにビットコインが移動されていきます。

それでは3つのお小遣いサイトを紹介します。

1,Earn Free Bitcoins
2,bitvisitor
3,CoinAd

英語が理解できる人は問題ないですが、難しいなと感じた人は、Google Chromeというブラウザを使うと、サイト内の英語を日本語に翻訳して理解しやすくなります。

興味がある方はググって調べてみてください。

ビットコインの単位を理解しよう

次にビットコインの単位ですが、少しややこしくなっています。

取引所でやりとりするのは、基本的に、1BTCで、今だと4万円~5万円辺りですね。

よく使われる単位に、1 mBTC(ミリビット) = 0.001BTC , 1 μBTC(マイクロビット) = 0.000001BTCなどがあります。ミリはゼロが3つ、マイクロは6つ、satoshiは8つと覚えるのがいいかと思います。

1satoshiはビットコインの最小単位で、ビットコインの生みの親である中本哲史氏から名づけられました。

1mBTC=0,001BTC
1uBTC=0,000001BTC=1bits
1satoshi=0,00000001BTC

ビットコインの単位はややこしく、1000円のものを買おうにも、約0,05BTCなどと小数点になったりするので、50000bitsと統一したほうがいいんじゃないかという議論もあります。

1000 bits=0.001 bitcoins

あとアフィリエイト(サイトやブログで紹介してフィーをもらう仕組み)でもビットコインが獲得できるみたいです。

また理解できれば、紹介したいと思います。

まだまだ始まったばかりのBitcoinで理解するのも一苦労ですが、この仕組が上手く浸透すればもっと金融がシンプルにスムーズになるという期待もありますね。

しっかりフォローしていきたいと思います。

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

【参照】
Bitcoinとは?ビットコインの基本を解説(初心者向け)
おすすめのビットコイン取引所2選
ビットコインおすすめ動画まとめ
【リップル】第二のビットコインと呼ばれる”リップルコイン”とは?
【ステラ】リップルの対抗馬として注目される仮想通貨”ステラ”とは?
仮想通貨・時価総額ランキング一覧
ライトコイン(LTC)とは?仮想通貨の中のライトコインの特徴

[スポンサードリンク]

 - その他の金融・マネー情報, ビットコイン, 仮想通貨, 投資・株・FX・お金の勉強 , , , ,