株やFXの初心者・入門ガイド

2話:国民年金基金とは?その金額や受取について

      2015/06/07

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

【参照】
1話:年金とは?国民年金と厚生年金の基礎知識を学ぶ
3話:企業年金制度とは?確定給付型と確定拠出型に違い

前回はでは国民年金と厚生年金について見てきました。

その続きとして、「1号」と呼ばれる、医者や、国会議員、個人事業主、アルバイトなどのフリーターの人たちが、国民年金の付加年金として加入資格があるのが、国民年金基金と呼ばれるものです。

「1号」の被験者は国民年金は必ず入らなければならず、この国民年金基金は希望者が入れる仕組みです。

節税効果もあるので、税金対策で入っている人もいるようです。

ちなみに厚生年金に入っているサラリーマンやOLなどの会社員(2号)、そしてサラリーマンの妻(3号)たちは入ることができません。

[スポンサードリンク]

国民年金基金の仕組みとは?国民年金との違いも

国民年金は20歳から60歳までの40年間のうち、休まず納付した人が満額もらえ、25年間納付した人が相応の分もらえる年金になります。

それにプラスして入れる国民年金基金は何歳からでも始められ、60歳まで納付すると、65歳からその支払額に応じて年金がもらえます。

国民年金基金の受取り方には2種類あり、生涯もらえる「終身年金」と、65歳から75歳までと期間限定でもらえる「確定年金」とが選べます。

毎月8,400円で「1口」となり、1口目は「終身年金」に掛けなければならず、2口目から「確定年金」も選ぶことができるようになります。

その際は掛け口の数は「確定年金」が「終身年金」を上回ってはいけないというルールがあります。

例えば25歳から60歳までの35年間支払えば、「終身年金」として毎月約20,000円もらえることになります。

もちろん支払い期間や金額によって変わってきます。

その掛け口の上限は毎月68,000円となっており、最大で8口になる計算。

国民年金の毎月約65,000円の給付と合わせると、生活金に目処が立ってくるので、不安定な個人事業主には強い味方です。

国民年金基金の給付額を計算したい方は、シミュレーションができますので、ぜひ計算してみてください。

(外部サイト…国民年金基金シミュレーション

そして国民年金基金の掛け金は医療費などと同じで、所得税・住民税が控除されますので、節税メリットがあります。

デメリットとしては、年金システムの破綻が気になるところです。

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)として年金の運用もやっているようですが、破綻しないように頑張ってもらいたいものです。

[参照→GPIFとポートフォリオについて(年金積立金管理運用独立行政法人)]

[スポンサードリンク]

 - その他の金融・マネー情報, 投資・株・FX・お金の勉強 , ,