株やFXの初心者・入門ガイド

[ブログ]キャピタルゲインとインカムゲインを両方狙う

      2015/06/07

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

値上がりにより得た利益をキャピタルゲイン、配当や金利収入などの定期的に得る利益はインカムゲインと言います。

(参照→キャピタルゲインとインカムゲインについて

キャピタルゲインとインカムゲインのどちらかを狙うという人もいますが、投資で大きな成功をされている方を分析していると、しっかり両方の利益を得ていることがわかります。

例えば、アメリカを代表する大企業の銘柄では高配当を出している企業が多いです。

それはアメリカの株主が経営者にプレッシャーを与えているからだとも言われています。

そしてアメリカを代表する企業ですから、もちろん株価もぐんぐん上がってきたでしょうし、配当もでているということですから、「二兎を追う者、二兎を得る」ことが可能なことがわかります。

(参照→アメリカ株(米国株)は高配当!?

[スポンサードリンク]

二兎を追うから三兎を追うに!!複利の力

上記ではキャピタルゲインとインカムゲインの二兎を追うことの一例を説明しました。

そしてそれらの二兎を得た投資家はさらに「三兎を追え」と、さらなる利益を求めていきます。

それは投資により得た利益(ここでは主にインカムゲインのこと)を、さらに「株を買い増す」もしくは「別の株の銘柄を買う」という行動にでることをいいます。

これを「複利」と呼びます。

あのアインシュタインも「21世紀の大発明」と呼ぶほどの力が「複利」にはあります。

(参照→魔法の言葉”複利”について考えてみよう

キャピタルゲインを狙い、インカムゲインを得る。

そして「複利の力」を利用するという、投資手法こそ、あなたの投資での成功を手助けしてくれるパワーになります。

もしあなたが、キャピタルゲインだけ狙っている。

もしくはインカムゲインだけ狙っている状態であれば、ぜひ「三兎を追う」ことも考えてはいかがでしょうか?

「買うべき銘柄」に配当がなければインカムゲインにこだわらなくても良いかと思いますが、優良銘柄なのであれば、いずれ増配が始まる可能性もありますね。

優先順位としては、
キャピタルゲイン>インカムゲイン>複利の力
となるかと思います。

まずはキャピタルゲインを重視することから。

参考になれば幸いです。

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

【参照記事】
株の銘柄選びのコツ
どのくらいの株の資金が必要?
株式投資で参考にすべき指標は?
株のチャートで買うタイミングをつかもう
ポートフォリオって?
株の証券会社を比較したい!
NISA口座って何?
株にかかる税金ってどうなっているの?

[スポンサードリンク]

 - 投資・株・FX・お金の勉強, 株の初心者ブログ , ,