株やFXの初心者・入門ガイド

【ステラ】リップルの対抗馬として注目される仮想通貨”ステラ”とは?(初心者向け)

      2015/06/07

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

←ステラのレート

(ステラを無料でゲットする方法はページ後半に!)

世界最大級だったビットコイン取引所「Mt.Gox(マウントゴックス)」の創業者ジェド・マケーレブが2014年7月末に新通貨「ステラ(STR)」の運営に乗り出した。

※彼は同時にリップルの創業者でもある

※ステラは恒星を意味。

ステラは詳しい仕組みがオープンになっていなかったリップルから分離して作られた。

その運営財団に、日本人ではMIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボの伊藤穰一所長が加わっている。

財団によると「ステラはさまざまな通貨を送金できる分散型プロトコル」とのこと。

関係者は「個人が保有するカネをステラとしてインターネット上に保管し、円やユーロ、ビットコインで引き出したり、ペソで送金したりできる仕組みを目指す」と語っている。

ビットコインの弱点である、決済スピード(10分程度かかる)だが、ステラの送金は瞬時に完了する。

財団はステラの発行量を年に1%ずつ増やし、「金融緩和によるステラ安」を誘導して価格の安定を試みる。

一方で13年末、ビットコインの高騰の原因とされる中国人利用者が爆発的に増えたことの反面教師として、「Facebookでの認証」というハードルを設けた。

ステラは既に日米欧、ロシア、東南アジア諸国などで150万以上の口座が開かれたが、フェイスブックの利用を禁じる中国では口座を開けない状況が続く。

そのことが価格の安定につながっていて、効果を発揮している。

ではそんなステラをゲットする方法を見て行きましょう。

[スポンサードリンク]

ステラ(STR)をいろんな方法でゲットしよう

ステラを入手するには、ビットコインと似ていて、

①購入する
②ゲームをしてステラ(STR)をもらう
③他人から送金してもらう

などがあります。

その中で今回は②のゲームをしてステラ(STR)をもらうまでを解説していきます。

ステラウォレットを作成し、ステラアドレスをもらおう

ビットコインと同じく、ステラを保有・管理するためには、「銀行」の役割を果たす「ステラウォレット」が必要になります。

ステラウォレットを作るには「stellar」に登録が必要です。

英語の表記ですが、ユーザー名パスワードを記入したり、「Facebookの認証」、「試し送金」をすればすぐに作成できます。

期間限定のキャンペーンかはわかりませんが、現在では手順で「Facebookの認証」まで行うと、「StellarFoundation」から75STRがプレゼントされます。(2014,11,25)

試し送金」はその75STRのうち、25STRを一旦「StellarFoundation」に送るという行為です。(すぐに25STRを送り返してきます。)

そうすると認証が終わり、ステラウォレットが作成され、同時に銀行で言う口座番号のようなステラアドレスが付与されます。

自分のステラアドレスを確認したい場合は、ダッシュボードから左上の「Recieve」をクリックすると、表示が増えますので、その下の方に小さな文字で「Show your Stellar Address」とありますので、クリックするとステラアドレスが表示されます。

このステラアドレスはステラ(STR)を送金、受取、ゲームしたりするときに必要になります。

1時間毎にゲームをして無料STRをゲットしよう!!

ビットコインやリップルでもお小遣いサイトがあって、24時間毎に広告を見たりアドレスを入力するとそれぞれの仮想通貨がもらえますが、ステラでは1時間毎でゲームをして無料でSTRをゲットできます。

それは「freestella.rs」というサイトで行えます。

ステラアドレスを入力し、あなたのemail、パスワードを作るだけなのでとても簡単です。

ゲットしたSTRの自分のWalletへの引き出し(送金)は毎週日曜日に自動的に行われ、最低0.05ドル=約20STRから処理されるとのことです。

仮想通貨の時代はそこまで来ている

仮想通貨は国家が運営する通貨では不可能な魅力ある仕組みになっています。

国内外問わず瞬時に送金が行え、手数料はほとんどゼロに近く、国家の破綻などにも関係がありません。

そうは言っても、ビットコイン取引所の破綻というニュースは有りましたが、それはひとつの取引所が破綻したというだけで問題は限定的で、その他仮想通貨を含め、ビットコイン自体は世界でどんどん普及していっています。

仮想通貨が来ることは間違いありませんが、どの通貨(複数の組み合わせ)がどんな形で普及するのかが、今後の注目点かと思います。

仮想通貨は投資対象としても魅力を増しており、「FX」、鉱物の「金」、「原油」などと似たような扱いになるかもしれません。

このサイトでも引き続き仮想通貨に注目していきます。

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

【参照】
Bitcoinとは?ビットコインの基本を解説(初心者向け)
実際にビットコインを手に入れてみよう
おすすめのビットコイン取引所2選
ビットコインおすすめ動画まとめ
【リップル】第二のビットコインと呼ばれる”リップルコイン”とは?
【ステラ】リップルの対抗馬として注目される仮想通貨”ステラ”とは?
仮想通貨・時価総額ランキング一覧
ライトコイン(LTC)とは?仮想通貨の中のライトコインの特徴

[スポンサードリンク]

 - 仮想通貨, 投資・株・FX・お金の勉強 , , ,