株やFXの初心者・入門ガイド

ライトコイン(LTC)とは?仮想通貨の中のライトコインの特徴

      2015/06/07

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

最近良く耳にするようになった仮想通貨。

その中でもビットコインは有名ですね。

ビットコインは2009年に誕生しましたが、このライトコインは2011年と仮想通貨の中では古株となっています。

ライトコインの現在の価格・相場は1ライトコインに対し、400円~500円ほどで、仮想通貨の中でも、時価総額の第3位がこのライトコインになります。

[スポンサードリンク]

ライトコインの特徴

少し専門的になりますが下記を出典します。

Litecoinはピアツーピアのインターネット通貨になります。ビットコインと同じくほぼ無料に近い手数料で、世界中の誰にでも即座に支払いを行うことができます。

中央集権型とは異なる完全分散型であり、オープンソースでグローバルな決済ネットワークとなります。数学によりネットワークの安全性を確保し、個々による財政管理能力を高めています。

主要な数学ベースの通貨と比べ、トランザクションの確認時間が短く、ストレージの効率性に優れているのが特長です。

業界による多大な支持、取り引き量、流動資産などの実績を見てわかるように、Litecoin は Bitcoin を補完する商取引媒体となります。

(出典:JCCA

株の初心者・入門ガイド運営者のつぶやき

ライトコインは、リップルに時価総額の2位を譲りましたがそれでも、第3位と健闘しています。

ビットコインが「金」なら、ライトコインは「銀」だ、なんて声も聞かれます。

仮想通貨の世界では、特長ある複数の通貨が生き残るかと思いますし、ライトコインも良いポジションにいます。

これからの仮想通貨・勢力図にも注目していきたいと思います。

【参照】
Bitcoinとは?ビットコインの基本を解説(初心者向け)
実際にビットコインを手に入れてみよう
おすすめのビットコイン取引所2選
ビットコインおすすめ動画まとめ
【リップル】第二のビットコインと呼ばれる”リップルコイン”とは?
【ステラ】リップルの対抗馬として注目される仮想通貨”ステラ”とは?
仮想通貨・時価総額ランキング一覧

[スポンサードリンク]

 - 仮想通貨, 投資・株・FX・お金の勉強 , , ,