株やFXの初心者・入門ガイド

アメリカ株の税金:計算の仕方

      2015/06/07

LINEで送る
Pocket

アメリカの税金の仕組みは、基本的に日本と同じ2種類あります。

その2種類とは、売却益にかかる「譲度課税」と配当益にかかる「配当課税」です。

「譲度課税」については、アメリカではかからずに日本でのみかかり、日本株と同じ約20%(申告分離課税)です。

日本株と違うのが、「配当税」の方。

配当は現地源泉税で10%引かれ、その後に日本でも20%引かれることになります。

(※米国に本拠地を持たない銘柄は税率が異なる場合あり)

米ドルから円に換算する際のアメリカ株の税金とは

「譲度課税」では円で計算するので、円換算でいくら投資し、いくら戻ってきたか?

その差額に課税されることになります。

配当では支払い日のレートでの円換算の計算となる。

確定申告をして税金の超過分を取り戻そう

◯二重課税分を取り戻そう

確定申告で外国の課税を申告すると、所得税や住民税から税額控除することが可能。配当課税のアメリカ分10%を取り戻すことができます。(限度あり)

◯国内も含めて損益通算することができる

確定申告をすれば国内株式や、他の金融投資と損益通算をすることができます。もしトータルでマイナスであれば、翌年以降3年間マイナス分を繰り越せます。

【参照】
アメリカ株の基本情報と、日本株との違い
初心者にもおすすめ!アメリカ株の魅力と買い方
アメリカ株を取引するために証券会社を比較しよう
アメリカ株の税金:計算の仕方
世界・国内時価総額ランキング
アメリカ株 配当利回りランキング
アメリカ株(米国株)は高配当!?
伝説の投資家”ウォーレン・バフェット”の保有銘柄まとめ
株の税金(日本株)について

 - アメリカ株, 投資・株・FX・お金の勉強 , , , , , ,