株やFXの初心者・入門ガイド

米アップル株が一時6%超急落、機関投資家のプログラム売りか

      2015/06/07

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

[ニューヨーク 1日 ロイターから出典] – 1日の米国株式市場で、アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)株の出来高が取引開始後に急速に膨らみ、株価は一時6%超急落した。米東部時間午前9時51分(日本時間午後11時51分)頃、出来高が670万株超に急増。

トムソン・ロイターのデータによると、1分間の出来高としては10月29日以来の水準に膨らんだ。株価は1分間で3%超値下がりし、一時6.4%安の111.27ドルと、過去約3カ月で最大の下げを記録。時価総額にして400億ドル以上が吹き飛んだ。ただその後は下げ渋り、3.2%安で引けた。

値下がりの明確な理由は不明だが、市場では、機関投資家が幅広い銘柄にプログラム売りを仕掛けたもの、とみられている。

アルゴリズム取引を監視しているHFTアラート(カリフォルニア州)のスティーブ・ハマー氏は、午前9時50分頃から、約300銘柄の値動きが振れ出したと指摘した。

また最近の原油安でエネルギー関連株が下落するなか、ファンド勢が損失を埋めるために「他業種の流動的な銘柄への手じまい売りを強いられた」(ファーストNY証券のサム・ギンズバーグ氏)との声も聞かれた。

モルガン・スタンレーのストラテジストは、この日公表した株式見通しに関するリポートで、同社戦略ポートフォリオ中のアップル株のウエートを、従来の4%から3%に引き下げた。

米東部時間午後2時(日本時間午前4時)過ぎ時点で、アップル株の出来高は6400万株超と、出来高で上位となっている。

この他、中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング(BABA.N: 株価, 企業情報, レポート)やS&P500上場投資信託(ETF)(SPY.P: 株価, 企業情報, レポート)などが商いを伴い下落した。

[スポンサードリンク]

株の初心者・入門ガイド運営者のつぶやき

私が注目しているアメリカ株のアリババ、スプリント、アンバレラ総じて株価が下落していました。

ニューヨークダウでは高値更新が続いていただけに、調整直面なのかもしれません。

注意して見守っていきたいと思います。

【参照】
アメリカ株の基本情報と、日本株との違い
初心者にもおすすめ!アメリカ株の魅力と買い方
アメリカ株を取引するために証券会社を比較しよう
アメリカ株の税金:計算の仕方
世界・国内時価総額ランキング
アメリカ株 配当利回りランキング
アメリカ株(米国株)は高配当!?
伝説の投資家”ウォーレン・バフェット”の保有銘柄まとめ

[スポンサードリンク]

 - アメリカ株, 投資・株・FX・お金の勉強 , ,