株やFXの初心者・入門ガイド

株の情報収集:おすすめの映像メディア3選(初心者向け)

      2015/06/07

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

民放各社のニュースを参考にされている方は多いかと思いますが、民放のビジネスモデルは企業であるスポンサーから広告費を得るものです。

よってそのスポンサーにとって良くないニュースはサラッと流すか、全く触れないなど、スポンサー企業の色のついたメディアだという認識が必要です。

次にNHKですが、こちらはCMがなくスポンサーがいないように思われがちですが、国営テレビとして政府がバックに付いています。

よってNHKは政府の色がついたメディアだという認識が必要で、政府系のニュースでは疑って見ることが必要になります。

そこで2つの映像メディアをおすすめしたいと思います。

[スポンサードリンク]

テレビ東京ビジネスオンデマンドで情報収集する

◯テレビ東京ビジネスオンデマンド

こちらは経済系メディアとして定評のあるテレビ東京の主要な経済番組をネットオンデマンド(いつでも)で観れるサービスです。

民放の中では、独自性がありスポンサーの色が少ないのが民放の中では信頼ができるテレビ局だと言えそうです。

入念なリサーチによる、番組作りでも好評です。

「WBSワールドビジネスサテライト」
「モーニングサテライト」
「Mプラス~マーケット&ニュース~」

「ガイヤの夜明け」
「カンブリア宮殿」
「未来世紀ジパング」

という主なラインナップを毎月500+消費税で見ることが出来ます。

私も加入していますが、上記の3つは土日以外の営業日毎日更新で、下記3つは毎週1回放送となっています。

テレビ東京をテレビで見られる方は無料で見ることが出来ますが、このサービスではいつでも観れ、スマホやタブレットでも観れ、広告無しで見ることができるので時短効果もあります。

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

【公式サイト→テレビ東京ビジネスオンデマンド

日経CNBCで情報収集する

日経CNBCは日本経済新聞、テレビ東京、ジュピターテレコム、米CNBCで製作されている経済メディアです。

視聴するには、スカパーやケーブルテレビ、J:COMなどに加入が必要になり、基本的に朝から晩まで番組が流れています。(インターネットでも視聴可)

日本以外の放送局からの番組では同時翻訳されていたり(英語のままの番組も有り)、投資情報、経済情報を収集するための定番サービスとなっています。

特徴としては、日本から見た日本と、世界から見た日本とは異なっており、その両方を感じられることではないでしょうか?

もちろん日経CNBCでは世界の情報にも精通していますので、日本にいると普通入ってこない角度から情報収集が出来ます。

気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

日経CNBCの公式ページ

(参照→日経CNBCとは?経済・投資の情報収集はこれで決まり

ビデオニュース・ドットコムで情報収集する

最後ににおすすめしたいのが、「ビデオニュース・ドットコム」です。

ビデオニュースでは「真に独立した公共的な報道を行う目的で1999年に開局した日本初のニュース専門のインターネット放送局」という理念のもと発足した新しいメディアです。

ビデオニュースをおすすめするのは、色が付いていないメディアだからです。

ユーザーからの課金により成り立っているために、企業や政府の意向が反映されずにありのまま伝えてくれる信頼できるメディアだと言えます。

YouTubeの映像システムを使っており、毎月500円+消費税で有料ですが、一部で無料放送もあり、映像での情報収集としてビデオニュースはとてもオススメです。

一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

ビデオニュース・ドットコム

ニュース専門ネット局・宮台真司氏・神保哲生氏のインターネットメディア

【参照記事】
どのくらいの株の資金が必要?
株式投資で参考にすべき指標は?
株のチャートで買うタイミングをつかもう
NISA口座って何?
株にかかる税金ってどうなっているの?

[スポンサードリンク]

 - 投資・株・FX・お金の勉強, 株の情報収集 , , , ,