株やFXの初心者・入門ガイド

株のPTSとは?PTSで夜間取引に挑戦しよう!

      2015/06/07

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

PTSを簡単に言うと「夜間取引が可能になるシステム」のことです。

PTSはそれぞれの証券会社が持つ「私設取引システム」のことで、Proprietary Trading Systemの略です。

日中はオフィスで仕事しているというサラリーマンやOLに特に人気です。

以前は「マネックス証券」「カブドットコム証券」でもサービスを提供していましたが、今では提供されていません。

楽天証券でも休止中となっております。

この各社のサービスの停止ですが、東日本大震災の影響とも言われています。

それはPTSサービスを提供しているSBIジャパンネクスト証券が節電の為に運営を休止していました。

現在では回復しています。

よって現在PTSの夜間取引ができるのは最後の砦である「SBI証券」のみとなっています。

[スポンサードリンク]

「SBI証券」のPTSサービスの特徴

◯PTS特徴
・手数料取引所取引より約5%安い!
・取引時間:朝の8:20〜深夜23:59まで可能
・取り扱い国内銘柄:約3500銘柄(2014年1月現在)

SBI証券の取引時間の詳細ですが、

昼間取引 8:20~16:00
夜間取引 19:00~23:59

といった時間帯で株式の取引が行えます。

「SBI証券」は、通常の市場と同様に、リアルタイムに株価が変動して取引が可能なPTSシステムです。

◯売買代金の規模は国内最大規模

接続先の「ジャパンネクストPTS」は売買代金において国内最大規模のPTS市場です。
取扱銘柄は、国内金融商品取引所上場の約3,500銘柄

PTS(J-Market)では、国内金融商品取引所に上場されている普通株式及びETF並びにREIT等のうち、SBIジャパンネクスト証券が指定する銘柄(約3,500銘柄)をお取引いただけます。

興味のある方は下記の公式ページで確認してみてください。

【参照記事】
株の銘柄選びのコツ
どのくらいの株の資金が必要?
株式投資で参考にすべき指標は?
株のチャートで買うタイミングをつかもう
ポートフォリオって?
株の証券会社を比較したい!
NISA口座って何?
株にかかる税金ってどうなっているの?

[スポンサードリンク]

 - 投資・株・FX・お金の勉強, 投資・株・経済の用語 , , ,