株やFXの初心者・入門ガイド

レンディングクラブの株の買い方・購入方法!米国株(アメリカ株)に投資をしよう!

      2015/06/07

LINEで送る
Pocket

レンディング・クラブ(アメリカ株入門)

レンディングクラブとは、お金を借りたい人と投資家をつなぐインターネット時代のレンディングサービスです。

そんなレンディングクラブの株に投資したい!でも日本から米国株(アメリカ株)に投資するのって、なんかハードルが高そうで気が引けてしまう…。

そんな方も安心。今では初心者の方でも日本から、日本語で簡単に株の取引が出来てしまいます。

アメリカ株は1株から売買できるので、レンディングクラブの株は数千円から購入できます。

それも日本株に投資するように安い手数料で。

ちなみに株主優待は日本独自のもので、アメリカ株(米国株)に株主優待制度はありません。

[スポンサードリンク]

レンディングクラブの株を売買するために、証券会社に口座開設を!

レンディングクラブなどの米国株(アメリカ株)に投資するためには、証券会社への口座開設が必要です。

今主流のネット証券の中で、取扱い銘柄が多く、手数料が安く、米国株(アメリカ株)の情報などの提供も充実しているおすすめの会社を3つ挙げたいと思います。

◯米国株(アメリカ株)に強い証券会社
・マネックス証券
・SBI証券
・楽天証券

初心者の方から上級者の方まで、上記の証券会社で取引するのは、良い選択かと思います。

米国株(アメリカ株)を取引するための証券会社の比較

それでは各社の特徴を比較していきたいと思います。

◯アメリカ株の取扱銘柄数
「マネックス証券」…約3000銘柄
「SBI証券」…約1000銘柄
「楽天証券」…約1000銘柄

◯売買手数料
「マネックス証券」…約定代金の0.45%(最低 5米ドル〜上限 20米ドル)
「SBI証券」…手数料は1注文25米ドル(税込27米ドル、1,000株まで)
「楽天証券」…手数料は1注文25米ドル(税込27米ドル、1,000株まで)

株の取引で特に重要な、取扱い銘柄数と手数料ですが、共に「マネックス証券」がダントツということになります。

「マネックス証券」は、米国株(アメリカ株)を最大の強みとしているので、アメリカ株を中心に株の売買をしたい方は、迷わずにマネックス証券で決まりかと思います。

逆に「SBI証券」や「楽天証券」では、日本株やその他の投資商品なども含めた、総合的な証券会社として強みがあります。

あなたの投資スタイルによって、証券会社を決められると良いかと思います。

ちなみに私は、アメリカ株は「マネックス証券」で、その他は「SBI証券」という2つの証券会社で株の取引しています。

参考になれば幸いです。

マネックス証券の資料請求はこちらから

SBI証券の資料請求はこちらから

楽天証券の資料請求はこちらから

レンディング・クラブとは?アメリカ株投資の注目会社

レンディングクラブは2014年、ニューヨーク証券取引所に上場を果たしました。

「Lending Club(レンディング・クラブ)」
(ティッカーシンボル:LC)

この会社はアメリカのサンフランシスコに本社を置き、同名のレンディング・クラブというサイトを運営している2007年創業の会社です。

レンディングとは貸付を意味しますが、レンディング・クラブでは、お金を借りたい人と、お金を貸したい人を直接結びつけるハブの役割を果たしているサービスです。

いわゆる貸付(融資)型クラウドファンディングと呼ばれる事業です。

今までお金を借りたい人は、クレジットカードやサラ金など金利がとても高いところでしか借りれなかったのと、中間に手数料と取る会社がいつくか入ったりして融資としては効率が悪いものでした。

このサービスではインターネットの本質とも言える、中抜きがなされていますので、直接お金の借り手と貸し手とをつなぐことで金利がより安く借りられたり、貸し手もより高い金利でお金を運用することが出来ます。

貸し手は借りたい人のリストや情報などを見て、この人に貸したいと決めることができます。

◯レンディングクラブの売上高の推移
2008年 2400万ドル(約29億円)
2009年 7600万ドル(約91億円)
2010年 2億ドル(約240億円)
2011年 4.6億ドル(約552億円)
2012年 12億ドル(約1440億円)
2013年 19億ドル(約2280億円)
2014年 62億ドル(約7440億円)

この数字を見る限り、レンディングクラブの勢いは当分止まりそうもありません。

[スポンサードリンク]

クレジットスコアでグレード分け(レンディング・クラブ)

その際、借り手のクレジットスコアと呼ばれる、その人がクレジットカードの返済履歴や資産、負債などで点数化された信用を表す指標を参考にします。

そこでは借り手がグレード分けされていて、リスクの高い人には高金利で、リスクの低い人には低金利のグレードに分けられています。

レンディング・クラブで借りられる額は、1000ドルから3500ドルまでとなっていますが、実際に登録して借金ができるのは10%以下の人だけだといいます。

お金の貸し手はそのクレジットスコアからお金を貸す人を選ぶか、いろいろな組み合わせで複数に貸すことも出来ます。

グーグルもこの会社に投資したことにより、その知名度や信頼度は上がっています。

今まで金融界では、銀行、保険、証券などがネットにより業界シェアが入れ替わってきていますが、この金貸しという分野での新たなイノベーションとして、注目されています。

レンディングクラブの時価総額や株価、配当、今後について

(更新日2015,3,21)

レンディングクラブの時価総額は74億ドル(約8,880億円)株価は20ドル(約2,400円)、配当は出ておりません。(ティッカーシンボル:LC)

今後ライバルとなっていく、銀行業界やクレジットカード業界はこの会社を注目せざるを得ないでしょう。

近い将来、レンディング界隈で熱いバトルが繰り広げられそうです。

日本でもマネオ(Maneo)のようなソーシャルレンディングサービスはありますが、これらは事業資金のレンディングと、レンディング・クラブとは異なります。

レンディング・クラブのすごいところは、個人を相手に、個人の買い物などもサポートしているところで、主な用途はクレジットカードの借り換えをターゲットにしているところ。

このレンディング・クラブが上場後に、アメリカで成功すれば、一気に日本を始め、世界で広がるかもしれません。

アメリカ株投資家には注目の銘柄ですね。

これからのレンディング・クラブの株価にも注目です。

【関連記事】
アメリカ株の基本情報と、日本株との違い
初心者にもおすすめ!アメリカ株の魅力と買い方
アメリカ株を取引するために証券会社を比較しよう
アメリカ株の税金:計算の仕方
アメリカ株(米国株)は高配当!?

[スポンサードリンク]

 - アメリカ株, 外国株の買い方, 投資・株・FX・お金の勉強 , ,