株やFXの初心者・入門ガイド

株とFXの特徴と違い

      2015/06/06

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

投資にもいろいろな種類や特徴があります。

例えば株式投資ではみんなが儲かったり、みんなが損したりすることがあります。

これはパイ自体が増えたり減ったりするからで、景気が良く経済が回っているとみんなが儲けることができ、ハッピーになれます。

一方FXではゼロサム・ゲームで誰かが勝てば、誰かが負ける事になります。

これは各国の通貨のバランスによってレートが決まっているからで、一方が上がれば、一方が下がる状況となるからです。

例えば円が安くなれば、米ドルが高くなったり、ユーロが高くなったりするイメージです。

よってFXでは自分が儲けているということは、世界の誰かが損しているということであり、また逆もあります。

加えてFXでは自分の資金の何倍もの資金を動かすことができる、レバレッジというシステムがあります。

これは良い方向に動けば大きく儲ける事ができますが、悪い方向に行けば大きく損失を出してしまうことが有ります。

このレバレッジを大きくかけてしまって、自分の投資資金の半分以上や、すべて失ってしまった人も少なくないでしょう。

FXではレバレッジを含め、そこに難しさがあります。

株式投資ではその企業の業績や動向をチェックしておけば良いのですが、FXでは国のトップや中央銀行のトップの発言や政策によって、人為的にレートを動かすことが出来てしまいます。

ということはテクニカル分析と言われるチャートだけを見た投資では対応できない場合がありますし、視野を広げて情報を収集しなくてはいけない取引です。

FXでは投資の初心者にも人気が有りますが、実はより高度な投資リテラシーが必要だったりします。

もちろん株式投資も企業分析などは知識や経験値も必要で同じく投資リテラシーが必要となります。

何はともあれ初心者は株やFXなどを勉強したり、知識・経験値を高めることが大事なようです。

一歩一歩頑張っていきましょう。

【関連記事】
株の始め方
FXと株の違いってどんなところ?
世界の株(外国株)の買い方入門まとめ(初心者向け)
株にかかる税金ってどうなっているの?
リートとは?REITで不動産投資に挑戦しよう

[スポンサードリンク]

 - 投資・株・FX・お金の勉強 , , ,