株やFXの初心者・入門ガイド

ロシア 株の買い方・投資の始め方(初心者向け)

      2017/04/26

LINEで送る
Pocket

ロシア株の特徴はその広大な土地からあふれる自然エネルギーなど、その割合は時価総額の50%以上を石油・ガス関連株が占めているということです。

先日の原油価格の暴落による、ロシア・ルーブルの下落がその証と言えそうです。(経済制裁の影響などもあり)

しかし世界的な投資家ジム・ロジャーズ氏がロシア投資を始めたことはメディアで報じられました。

まだまだロシアは脆弱なところがありますが、逆にそれがチャンスとも言えます。

ソチオリンピックも無事に閉幕し、これからロシア株に投資するのもひとつの選択肢になりそうです。

[スポンサードリンク]

ロシア株式を買うための口座開設

ロシアの株を購入するには、同国の株の取り扱いのある証券会社への口座開設が必要です。

日本の大手ネット証券では「SBI証券」がロシア株を取り扱っています。

「SBI証券」であれば日本株を売買するように、日本語で取引が出来てしまいます。

他にも「SBI証券」ではアメリカ株、中国株、韓国株、シンガポール株、マレーシア株、タイ株、ベトナム株、インドネシア株、などの取り扱いもあります。(アセアン株合わせて、約500銘柄ほど)

[スポンサードリンク]

「SBI証券」のロシア株の取引手数料

株の売買で大切な手数料というコストは良心的。

◯「SBI証券」の手数料
約定代金の1.2%(税込1.296%)

最低手数料:税込540ロシアルーブル

ロシアMICEXの上場銘柄(SBI証券)

SBI証券が選定したロシアを代表する30を超える銘柄(2014年12月現在)に取引できます。

アエロフロート航空、アクロン化学、ロシア卸売電力、ガスプロム、イルクート、カマズ、マグニト、モスクワ銀行、モバイル テレシステムズ、RBC、ロスバンク、ロステレコム、ソレース、UTエアー航空など。

(SBI証券:ロシアMICEX株式取扱銘柄一覧

株の取引時間:ロシアMICEX

◯現地取引所:立会時間
<インターネット取引>

月曜日:0:00~14:00
火曜日~金曜日:3:45~14:00
土曜日/日曜日:一部の時間を除き、翌営業日に発注する予約注文を受け付けいたしております。

<コールセンター取引>

当社営業日 11:00~14:00

「SBI証券」の決済通貨の方法

「SBI証券」では日本円決済、ロシア・ルーブル決済と選べますので、ロシア株を売って、またロシア株を買いたい場合でも、両替コストが発生せずに、低コストでスマートに取引ができるメリットがあります。

どちらも手続きのやり方を覚えてしまえばなんてことはありませんし、SBI証券のサポートもしっかりしていますので心配はいらないかと思います。

NISA対象銘柄であれば、NISAの枠内の資金を使うことも可能です。

最後に

日本にいながら、外国株に取引ができる今の時代は本当に恵まれています。

日本人からすると、近くて遠い国というイメージのロシアですが、そんな国にも日本からインターネットを駆使すると投資することが出来ます。

加えて情報収集でもインターネットの恩恵として、情報を集めやすくなっていますので、日本からでも十分に世界のマーケットで戦うことができるでしょう。

証券会社が提供している情報やツールなども駆使することでよりよい環境が整えられそうです。

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

【SBI証券の資料請求はこちらから→SBI証券

【関連記事】
ロシアへ投資する方法:海外ETFとルーブル保有について
初心者にもおすすめ!アメリカ株の魅力と買い方
初心者でもわかる、”中国株投資”・入門
韓国 株の買い方
世界の政策金利・一覧

[スポンサードリンク]

 - 外国株の初心者, 外国株の買い方, 投資・株・FX・お金の勉強 , , ,