株やFXの初心者・入門ガイド

楽天証券なら『日経テレコン21』を無料で利用できる!

      2015/06/06

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

投資家の方にとって情報力は勝敗を分ける上で、生命線となります。

皆さんはどこから情報を得ていますか?

新聞、テレビ、ネットなどあらゆるメディアから取捨選択して本当に必要な情報を吸収していかなければなりません。それも日常的に。

そんな中おすすめしたいのが、『日経テレコン21』です。

『日経テレコン21』とは?日本経済新聞社が設立した、日本経済新聞デジタルメディアという会社が提供しているサービスです。

通常月額8,640円(税込み)の料金で利用出来ますが、ある方法を使えば、無料で利用できるようになります。

これはありがたいですね。

それでは『日経テレコン21』で提供している情報を紹介していきましょう。

[スポンサードリンク]

『日経テレコン21』で得られる情報とは?

◯日々のニュース
・1日1,000本の「日経速報ニュース」、1日約100本の「朝日新聞速報ニュース」「毎日新聞速報ニュース」「読売新聞速報ニュース」「産経新聞速報ニュース」

◯新聞
・日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJ(流通新聞)、日経ヴェリタス、日経地方経済面、朝日新聞、毎日新聞産経新聞など。

◯雑誌
・日経ビジネス、週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド、週刊エコノミスト、週刊金融財政事情。

以上となっています。

これだけのラインナップがあれば、あなたの必要な情報が入っているかと思います。

加えて過去の記事などを検索することも出来ますし、アポイントの際相手の会社のこと、人事のことを調べたりすることも可能です。

投資家にとって重要な情報を、迅速かつ確実に得ることができるツールとして見逃せませんね。

[スポンサードリンク]

楽天の『マーケットスピード』を使って『日経テレコン21』を無料で利用しよう

『マーケットスピード』とは楽天証券が提供してるツールのひとつで、その実力は高い評価を得ています。

このツールは、投資に必要なほとんどの情報を得ることが可能です。

加えて、チャート、板情報、株式銘柄スクリーニング、外国株価情報、為替情報、投資関連ニュース、会社四季報などの情報も網羅しています。

「株取引を始めたい」「もっと情報力を付けたい」という人には、とても有益なツールで株や経済の勉強にもなるかと思います。

『マーケットスピード』は3カ月で税込2,700円、フル版は1ヵ月で税込2,160円の料金がかかりますが、楽天証券に口座開設を行なえば3ヶ月間は無条件で無料利用できます。

そしてその後でもいくつかの簡単な条件に該当すれば、引き続き利用料金は無料となります。

例えばこのふたつはいかがでしょうか?

①楽天FX取引口座、信用取引口座、先物・オプション取引口座
②お預り資産残高30万円以上
①では口座を開設をするだけで良いので、お金もかからず、ネットでも簡単に手続きが出来てしまいます。

とりあえず3ヶ月間、実際に使ってみて判断されてはいかがでしょうか。

楽天証券では口座管理料なども無料ですので、他の証券会社を利用している人でも、『マーケットスピード』のために、楽天証券に口座開設をする人も多いと聞きます。

楽天証券はネット証券の中でもトップクラスの証券会社で、手数料、その他全般のサービスを見ても間違いない証券会社となっています。

例えば一回の株の売買にかかる手数料ですが、約定金額が10万円までは150円、20万円までは199円、50万円までは368円となっています。(『ワンショットコース』という)

その他、投信残高状況や信用取引状況に応じて手数料がかわる『超割コース』や、そして1日あたりの約定の合計金額で手数料がきまる『いちにち定額コース』が用意されています。

株取引のメインの証券会社として、情報収集で『マーケットスピード』利用したい方など、楽天証券への口座開設をおすすめします。

【楽天証券の資料請求はこちらから→楽天証券

【関連記事】
日経新聞を無料で読もう!楽天証券の意外なメリット
楽天証券がMacに対応した株式取引ツール「マーケットスピード」の提供開始
投資リテラシーとは!?お金は磁力があるところに集まる
貸株サービスの比較!メリットだらけの貸株とは?
“株女”とは?株をする女性(女子)に注目が集まっている

[スポンサードリンク]

 - 投資・株・FX・お金の勉強, 株の情報収集, 証券会社の比較・情報 , , , , ,