株やFXの初心者・入門ガイド

株・Fx・仮想通貨を中心に情報を発信するトレード入門サイト

ロシアのグーグル、ヤンデックス(YNDX) 株の買い方・購入方法

      2017/12/10

LINEで送る
Pocket

ヤンデックス(ティッカーシンボル:YNDX)

ヤンデックス ロシア 検索エンジン

ヤンデックスはロシアでシェア6割の検索エンジンを提供する企業です。

世界的にはグーグルが最王手ですが、ロシア国内では圧倒的なポジションを保っています。

これは世界的に珍しいことで、日本のヤフー、韓国のネイバー、中国のバイドゥなど限られた国でしか検索エンジンの分野でグーグルに対抗できていません。

そんなヤンデックスは2011年5月に米国ナスダックへ上場を果たしました。

ヤンデックスのビジネスモデルはグーグルと似ており、検索回りの広告から収益を得ています。

ロシア国内のシェアでは1位のヤンデックスが約6割、2位のグーグルが約3割弱と圧倒的です。

世界シェアで見ると1位グーグル約65%、2位百度約8%、3位ヤフー約5%と続き、その後マイクロソフトのBingとこのヤンデックスが共に3%弱で拮抗している状況です。

グーグルとヤフー、マイクロソフトのBingは世界的に展開している検索エンジンで、ロシアのヤンデックス、韓国naver、中国バイドゥは国内を中心とした展開となっています。

これを見ると、グーグルに対抗できているのは、独自の言語を持っている国で、その国の文化に適したサービスを提供できた会社ということが言えそうです。

たとえ事業領域が国内だとしても、独占企業というのはとても強いです。

そんなヤンデックスは米国ナスダックへ上場しています。

アメリカのナスダック市場というのは、アップルやグーグル、アマゾン、フェイスブック、ヤフーなども上場している新興企業が多い取引所です。

あなたも簡単にヤンデックスの株を購入することができます。

ロシアのヤンデックス株を購入しよう!(アメリカ株の買い方)

ヤンデックスはナスダック証券取引所に上場しているのですから、アメリカ株を買うように、簡単に株を購入できることになります。

よってアメリカ株を取り扱う証券会社に口座を開設すると、あなたにもヤンデックスの株主になれるということ。

アメリカ株を取り扱う日本のネット証券でオススメなのは、

1位「マネックス証券」
2位「SBI証券」
3位「楽天証券」

マネックス証券は特にアメリカ株に力を入れており、取り扱い銘柄数、手数料やアメリカ株の情報提供など、トータル的に優れていますので、アメリカ株だけを考えるのであれば最適と言えそうです。

続いてSBI証券は日本株や外国株など総合的にNO,1の証券会社です。アメリカ株以外にもいろいろな国や企業に投資したい方には最適です。

最後の「楽天証券はマーケットスピードというツールがすごい証券会社です。プロのトレーダーが好んで使っている証券会社というのもうなずけます。

最後に

ロシアは経済的、通貨ルーブル、外交的にもまだまだ不安定なところがあります。

加えて時代はスマートフォン全盛時代で、日本のヤフーもLINEなどのスマホ時代の勢いのある企業に押されている状況。

ロシアも今後スマホがどんどん広がっていき、PC離れが加速していくことが予想されます。

そんな時代の変化の時に企業のシェアも変化します。

もし難なくヤンデックスがスマホ対応を完了できるとしたら、引き続き良いポジションをキープ、発展していけるでしょう。

ロシアは日本の人口1.2億人よりも多い、約1.4億人もいます

ロシアがこれからも経済成長していくとしたら、まだまだロシア企業やヤンデックスなどの株価は上がっていくはずです。

加えてトルコなどの国にも進出しており、事業は順調なようですし、これらの海外展開も注目です。

これからもロシアとヤンデックスから目が離せません。

【参照:グーグルの株の買い方・購入方法!米国株(アメリカ株)に投資をしよう!

【関連記事】
世界の株(外国株)の買い方入門まとめ(初心者向け)
アメリカ株の基本情報と、日本株との違い
初心者にもおすすめ!アメリカ株の魅力と買い方
アメリカ株を取引するために証券会社を比較しよう
アメリカ株の税金:計算の仕方

 - アメリカ株, 外国株の初心者, 外国株の買い方, 投資・株・FX・お金の勉強 , , , , ,