株やFXの初心者・入門ガイド

選択肢は多いほうが良い!株式だけで分散投資を考えてみた。

      2015/06/05

LINEで送る
Pocket

日本株だけを行っている投資家の方は大勢いらっしゃると思います。

そんな時に「分散投資」したい場合はどうするでしょう?日本株の中で業種で分ける方は多いのではないでしょうか?

電気や鉄道、食品などのディフェンシブ株、ITなどのハイテク株、バイオなどの医薬品、外食系など。

今挙げた例はまさに私が考えていた考えでもあったんですが、今ではやっぱり選択肢は多いほうがいいと思っています。

[スポンサードリンク]

新サイト、まずは外国株の銘柄紹介から始めます

今年からスマホに対応させた新サイトをオープンして、日々更新しているのですが、まずは外国株の個別銘柄中心に調べてはまとめるを繰り返しています。

そこで感じるのは、国によって特色があるということ。当たり前のことですが、実際に一つ一つ会社を調べていくと、東南アジアの中だけでも全く違う。内需主導のインドネシアもあれば、タイなどは輸出が多く通貨バーツの価格に敏感だし世界経済の影響を受けやすいなど特色があって面白い。

国が変われば、同じ業種でも事情が変わることもある。

日本ではインフラ事業は整っており、国の政策ぐらいしか期待はできない。しかしインドネシアではまだまだ道路を始めあらゆるインフラが整っていない。

となると必ず需要は旺盛のはずで、伸びていくことが容易にわかる。日本も歩んできた道を何十年遅れで進んでいるのだから。

日本株の中で成長株を見つけようとすると、確率が極端に低くなる。

しかし成長国で成長株を見つけるのは、日本株よりも簡単なように思えてくる。今では証券会社が環境を整えてくれているから、ネットで調べ、ネットで外国株を買うことが容易にできる。

本当に恵まれた環境があるなと思う。

アベノミクスで株高を実現されて、これからどれだけ伸びしろがあるかはわからないし、国策次第とも言える状況なので、簡単とも難しい相場とも言える。

なんか他力本願な感は否めない。

しかし視野を少し広げて見ると、チャンスはとても多いことに気づいた。

インドネシアを中心にタイ、マレーシア、これからベトナム、ミャンマー、そしてロシア株なども勉強していきたいと思っています。

興味がおありの方はぜひこれからもお付き合いください。

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

【関連記事】
おすすめのアセアン株の銘柄紹介
外国株の銘柄紹介
マレーシア 株の買い方
タイ 株の買い方
インドネシア 株の買い方

[スポンサードリンク]

 - 外国株の初心者, 投資・株・FX・お金の勉強, 株の初心者ブログ , , , ,