株やFXの初心者・入門ガイド

ロシアは2回もハイパーインフレを経験している

      2015/06/05

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

ロシアはソ連の社会主義が崩壊し、民主化に成功しましたが、その後初代大統領になったエリツィン時代に2回お金の価値がほとんどなくなるハイパーインフレを経験している。

一度目は民主化してすぐに、2回目の原因はアジア通貨危機の煽りを受けて。

そして今回は原油安やウクライナ問題に対する欧米の経済制裁による「ルーブル危機」と言われる急激なルーブル安。

その度重なる危機を迎えるロシアという大国だが、それは同時に投資家にとってチャンスでもある。

通貨はもちろん、ロシア株でも暴落している銘柄も見かける。

今ロシアの歴史から勉強を始め、各銘柄を分析を始めましたが、東南アジアに並ぶチャンスがロシアにはあると思っています。

資源・エネルギー国家であるロシアですが、それだけではない一面も併せ持っています。

平均的に配当利回りもよく、一時的かと思いますがルーブルは10%を超える政策金利を出しています。ロシアのように極端な国では不安定なところも有りますが、その歪みからチャンスも転がっているかと思います。

その勉強・分析をしていく中で、良い情報を出していけたらと思います。

【関連記事】
世界の株(外国株)の買い方入門まとめ(初心者向け)
ロシア 株の買い方
ロシア株投資を始める前に知っておきたいこと
マグニト(MGNT) 食品スーパー大手の注目ニュース
ガスプロム(GAZP)の基本情報

[スポンサードリンク]

 - 外国株の初心者, 投資・株・FX・お金の勉強 , , , ,