株やFXの初心者・入門ガイド

2015年は「アメリカ株」「インドネシア株」「ロシア株」の銘柄にも注目したい!!

      2015/06/05

LINEで送る
Pocket

最近、日本株以外の株について勉強してします。

それは日本株に期待していないからではありません。実際に日本株は2013年ごろから順調に株価を上げてきています。

では何のためかというと、世界のことも知っていたいという、知識欲のようなモノです。加えて、お宝銘柄が見つかれば儲けモノという感じです。

ちなみに日本から投資できる株式は「アメリカ株」「中国株」「ロシア株」「韓国株」「シンガポール株」「マレーシア株」「タイ株」「インドネシア株」「ベトナム株」などがあります。

2015年、私が特に注目しているのは、「アメリカ株」「インドネシア株」、少々勇気が入りますが「ロシア株」です。

なぜ「アメリカ株」「インドネシア株」「ロシア株」に注目するのか?

日本やアメリカの市場では2008年の終わりから始まった、サブプライム危機により株価が暴落してしまいました。

しかしアメリカではしっかり回復しており、サブプライム危機の前の水準を大きく更新し、現在絶好調です。

日本はというと、順調なのですが、まだまだ更新という水準ではなく、超長期のチャートで見るとアメリカ株の強さは際立っています。これから利上げという試練が米国株には待ち構えていますが、きっと乗り越えてくるでしょう。

続いて「インドネシア株」ですが、こちらは世界第4位の人口(日本の2倍の2億4千万人)を誇り、ASEANの中でもこれから成長が加速してくる地域になります。

日本で言うところの1970年代のころの状況と似通っているということで、これから日本がたどった道を歩んでいくという面があり、それを経験した我々には優位な点なのではないでしょうか。

インターネットやハイテク部分では、一気に最先端のシステムを入れることが可能なので、経験が生きる分野、生きない分野があり、それらの選別は必要になってくるという注意点はあります。

「ロシア株」は危険なのか?チャンスなのか?

最後に「ロシア株」ですが、ロシアは現在、プーチン政権の元、クリミア編入など、ウクライナへの強硬な政策に欧米が反発しており、経済制裁が発動されています。

加えて原油安という資源国のロシアには、ダブルで痛い状況となっています。

そんな状況の中、ロシアの通貨であるルーブルがとても安くなっています。1ルーブル2.5円ほどの値を付けていたのが、今では2円を切っています。

ということは、ロシアの通貨、株式、その他のすべてが20%オフ状態なのです。

経済制裁や資源価格低下により、経営が厳しくなった企業もあるかと思いますが、グローバルに活動している企業など、それらの影響があまりない企業も存在しているのも事実です。

そういった企業も20%引きの価格で買えるというのは、投資家としてはチャンスでもあるのです。プーチン大統領は数年間は回復するのに必要と発言しているので、もし回復するとなれば、ルーブル安も戻ってくる可能性があります。

といった理由からこの「アメリカ株」「インドネシア株」「ロシア株」には注目しているのです。

海外株式についての更新は「investorz.club」のほうで中心に行っています。

よろしければご覧ください。

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

【関連記事】
初心者にもおすすめ!アメリカ株の魅力と買い方
インドネシア 株の買い方
ロシア 株の買い方
世界の株(外国株)の買い方入門まとめ(初心者向け)
株の始め方

 - ブログ , , ,