株やFXの初心者・入門ガイド

情報企画(3712)の株主優待、配当利回り、内容、到着の時期について

      2015/05/28

LINEで送る
Pocket

(更新日2015,2,1)

情報企画は、金融機関向けのシステムコンサルティング、企画、開発並びにシステムデータ入力代行業務を行なっている企業です。

金融機関が融資先について判断をする時に、情報企画は融資先の信用度を把握するためにシステムなどを使いサポートをしています。

[スポンサードリンク]

情報企画の株主優待の内容・詳細

情報企画の株主優待は、100株以上の株主を対象とし、500円分の図書カードがもらえます。

加えて、400株以上を1年以上保有していると5,000円相当の産直品カタログギフトをもらうことができます。

権利確定日は9月末で、優待の到着時期は12月末ごろです。

情報企画の株価は現在1180円ほどなので、100株買うと約12万円が必要です。

1株当たりの配当は30円なので、100株で3000円の配当金をもらえ、配当利回りは約2.5%ほどです。

※気をつけてはおりますが、正確な情報ではない可能性もございます。
情報企画の公式サイトもご利用ください

【株主優待に強い証券会社ランキング】

 1位:GMOクリック証券
 2位:楽天証券
 3位:SBI証券

株とFXとの違いって何なの?

株主優待・一覧はこちら

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

[スポンサードリンク]

情報企画の株の買い方・購入方法

そんな情報企画の株を買いたい!という方は、まず証券会社に自分の口座を開設しなくてはなりません。

今では気になる会社にネットで資料請求すれば資料がもらえますし、口座開設も簡単にネットでできてしまいます。

私の場合は、複数の証券会社で口座開設をして、実際に株の売買をする会社、ツールが使いやすい会社、情報収集に優れた会社などを使い分けています。

ぜひ自分のスタイルを探して、株の投資を行ってください。

情報企画の今後について

情報企画のシステムは金融機関向け、特に信用リスク関連のシステムが大半を占めています。

この信用リスクには「自己査定」などの要素が関わってきます。

自己査定とは金融機関が自らを「査定」するものです。主に金融機関のが持っている「資産」を査定します。

その際に情報企画のシステムが役立つことになります。

今後ますます、信用という見えないものの重要性が高まっていきそうですから、同社のシステムへの重要性も高まっていくのではないでしょうか。

[スポンサードリンク]

 - 9月, 人気の株主優待 , , , , , ,