株やFXの初心者・入門ガイド

クオカードの使い方とは!?株主優待でもらえ、コンビニや本屋、薬局で使える!

      2015/05/28

LINEで送る
Pocket

クオカード(QUOカード)とは、コンビニや書店、ドラッグストア、ファミリーレストラン、ガソリンスタンドなどで使える、全国共通の商品券(プリペイドカード)のことです。

クオカードを手に入れる方法として、ネットや販売店で購入するか、キャンペーンや株主優待などでもらうなどがあります。

購入する場合はかわいいデザインやレアなデザインなどから自分で選ぶことも可能で、プレゼントするのも喜ばれるのではないでしょうか。

(→ネットでQUOカードを購入する

そして少額での購入だと、500円券で530円とか580円とか、金額的には損する形になったり、まとめて購入するとお得に買えたりするものクオカードの魅力の一つです。

しかし注意したいのが、タバコや切手、ハガキ、公共料金の支払いなどはクオカードが使えません。

[スポンサードリンク]

クオカードの手に入れ方や買い方について

コンビニ各社など加盟店でクオカードを購入すると、5000円券や1万円券などが、それぞれ5070円、10180円分使えたりと節約・お得にクオカードを購入・利用することが出来ます。

(参考:株主優待でクオカードをもらおう!高還元率ランキング5

クオカードの便利な所は使い道が多いところや、有効期限がないところ、全国的に利用できるところなどメリットが多くあります。

ヤフオクなどでは、レアなQUOカードや貴重なQUOカードなどが売られたり、買い取りしてくれる業者もあります。

(→ヤフオク!でQUOカードを見てみる)

クオカードの使い方について

クオカードは支払いの時に差し出すだけで大丈夫です。

・おつりはでませんが、残金が0になるまで、何度でも使えます。
・足りない分は現金で払うことができます。
・2枚以上を追加して払うことができます。

・有効期限がありません。

クオカードをもらったけど、使い道や機会がない人には、上記のクオカードのメリットから、チケットショップやネットオークションなどで買取してもらうことや換金することも可能です。

クオカードが使える店舗一覧

・セブン-イレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・サークルK
・サンクス
・ポプラ
・ガストなどのすかいらーくグループ
・デニーズ
・マツモトキヨシ
・トウブドラッグ
・ファミリードラッグ
・ドラッグマックス
・ENEOS(エネオス)の一部店舗
・HMV(エイチエムブイ)
・ジュンク堂書店
・丸善の一部店舗
・ブックファースト
・三省堂書店
・オリオン書房
・メトロ書店
・リブロ

※一部使えない店舗もあります。

※上記は一部になります(詳しくは公式サイトへ

[スポンサードリンク]

 - クオカード, 人気の株主優待 , , , , ,