株やFXの初心者・入門ガイド

仕手株とは?

      2015/06/20

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

仕手株の読み方は「してかぶ」と読みます。

仕手株の特徴は人為的な思惑により、株価を操作し利益をあげようとされる株の事。

それを行う者を仕手(して)、あるいは仕手筋(してすじ)と呼ぶ。

脱法・違法まがいの手法を取り入れ価格操作をおこなう不正な売買筋仕手筋には厳格な摘発がなく野放し状態であるとのこと。

仕手を行う人たちは、秘密を強固に守ってくれる”プライベートバンク“を利用することが多いと言う。

我々”株の初心者“は知識という防御をして、株式投資に挑みましょう。

[スポンサードリンク]

我々、株の初心者が”仕手株”で被害に合わないようにするためには

仕手株として狙われやすい銘柄

・株価の安い低位株で、空売りが可能で発行株数が少なく、浮動株比率が低い銘柄
・優良銘柄ではなく「賛否両論があるような銘柄」がターゲットにされやすいということ

次に新興市場のマザーズなどに上場しているIT企業などは発行している株式数が少なく、買い占めるのが容易なため、仕手株として狙われることが多い。

そしてITバブルのころは自ら、IT企業同士でお互いにこう互助会的に株を買いあって、株価を吊り上げてきた。

これもある種の仕手であり、ITバブルの一端はこれの原因とも言われている。

仕手株の特徴

仕手株は株価が急騰・急落がおきやすくなっている。

それに業績が良くなく、株価も振るわないような銘柄が「特に理由なく急騰をはじめる」のも特徴の一つ。

それは多額の資金を持った特定の集団が特定の銘柄に対して大量の買いを入れたり売りを入れたりして株の取引が活発に行われているかのように演じているため。

仕手筋は資金も豊富であり、投資家の心理を読む事にもたけているので、一般の投資家は下手に関わるとカモにされてしまう。

しかもあまり良い評判ではないマスコミとつながっている事もあるということで関われば”負け戦”が決まっているようなもの。

その他いろいろな手段を使って儲けようとたくらんでいる事は用意に想像できる。

株の初心者はそういった仕手株に狙われやすい銘柄に関わらないのが一番である。

日頃から株の基本・入門を抑え、勉強していると、こういったリスクを回避できる可能性が高くなります。

少しずつでも知識・経験を積み重ね、株で成功できるよう精進していきましょう。

【関連記事】
株にかかる税金ってどうなっているの?
FXと株の違いってどんなところ?
低位株、安い株について
リートとは?REITで不動産投資に挑戦しよう
貸株サービスの比較!メリットだらけの貸株とは?

[スポンサードリンク]

 - 投資・株・FX・お金の勉強, 投資・株・経済の用語 , , , , , ,