株やFXの初心者・入門ガイド

映画鑑賞チケットがもらえる株主優待!一覧・まとめ・ランキング

      2015/05/28

LINEで送る
Pocket

(更新日2015,3,8)

映画館によく行かれる方、たまに行かれる方、しばらく行かれていない方、いらっしゃるかと思います。

株主優待で映画の鑑賞チケットが貰えれば、良いきっかけとなり映画を見たくなるかもしれません。

そんな映画鑑賞チケットを株主優待に出している会社があります。

今回紹介するのは下記の6社です。

・東宝(9602)
・東京テアトル(9633)
・松竹(9601)
・きんえい(9636)
・パルコ(8251)
・毎日コムネット(8908)

それでは各社の優待の内容を見ていきましょう!

[スポンサードリンク]

1位:東宝の株主優待で映画割引券をもらおう(20万円台)

東宝は「劇場版 ドラえもん」「劇場版 ポケットモンスター」「劇場版 クレヨンしんちゃん」「劇場版 名探偵コナン」などのアニメ系の配給が強い映画会社です。

【年に2回】

同社の株主優待の内容は、100株以上で800円で映画を鑑賞できる割引券が2枚(年間4枚)もらえます。

東宝の株価は現在2891円なので、約29万円で優待の権利を獲得できます。

人気映画を多数配給している東宝の割引券なので、活躍してくれそうですね。

(→東宝の株主優待の詳細

2位:東京テアトルの株主優待は映画招待券がもらえる(20万円以下)

東京テアトルは、映像関連事業、ホテル・飲食関連事業、不動産関連事業を行っている企業です。

【年に2回】

同社の株主優待の内容は、1000株以上で映画招待券4枚(年間8枚)がもらえます。

東京テアトルの株価は現在145円ですので、約15万円で優待の権利を得られます。

映画の割引券ではなく、招待券なのが嬉しいですね。

(→東京テアトルの株主優待の詳細

3位:松竹の優待は映画鑑賞無料ポイントがもらえる(100万円以上)

松竹は、日本映画、演劇の製作、アニメ、興行、配給などを手掛けている会社です。

【年に2回】

同社の株主優待の内容は、8回分の映画無料ポイントがもらえます。

松竹の株価は現在1095円ほどなので、1000株買うと約110万円が必要です。

少々投資金額はお高いですが、その分優待は魅力的です。

(→松竹の株主優待の詳細

4位:きんえいの優待は映画鑑賞無料ポイントがもらえる(20万円台)

きんえいは大阪を拠点とする近鉄グループの映画興行会社です。加えて、不動産業も行っており、あべのアポロを運営しています。

同社の株式100株(単元は100株、優待の権利は75株)を保有することで、毎月利用できる映画鑑賞券がもらえます。

きんえいの株価は現在2865円なので、約29万円の投資資金で優待の権利を得られます。

毎月映画が観られるのは、なかなかないですね!

(→きんえいの株主優待の詳細

5位:パルコの優待は映画無料券がもらえる(約10万円)

パルコはファッションの商業ビル事業などを行っています。

【年に2回】

同社の株主優待はとても充実していて種類がたくさんあります。

その中で映画無料券が1枚というのもあります。(年に2回)

パルコの現在の株価は1065円なので、約11万円で優待の権利が得られます。

ぜひパルコの優待の詳細もご覧ください。

(→パルコの株主優待の詳細

6位:毎日コムネットの施設がお得に使える特典がいろいろ(10万円以下)

毎日コムネットは学生専用のマンション賃貸や管理など総合的なサービスの提供を行う企業です。

【年に1回】

その中で、映画チケットの割引購入というのがあります。

毎日コムネットの株価は現在814円ほどなので、100株買うと約8.2万円が必要です。

(→毎日コムネットの株主優待の詳細

まとめ

いかがでしたか!?

映画会社からその他まで、いろいろな銘柄が出てきましたね。

普段は映画館から足が遠のくという方でも、株主優待をきっかけにまた、はまってしまうかもしれませんね。

やはり映画という娯楽は素晴らしいですね。

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

 - 一覧・まとめ・ランキング, 人気の株主優待 , , , , , , , ,