株やFXの初心者・入門ガイド

デイトレードとは?株初心者によるデイトレード入門・実践編

      2015/06/20

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

デイトレードの基本編はこちら

デイトレードとは一日の間に何度も株を売り買いし利益を狙う手法で、当日決済が基本となります。

数円や数十円の株価差益を狙っていく超短期売買の投資手法です。

デイトレードをする人たちをデイトレーダーと呼び、株を買ってから売るまでの時間は数時間や、短ければ数分で売買するトレーダーもいます。

日本のデイトレードは2005年の上昇相場の時に流行りだしました。

そしてまた2013年アベノミクスにより、株価が上昇を始めデイトレードで巨額な利益をあげるデイトレーダーが数多く出現しています。

基本的にデイトレードの対象は株式投資がメインですが、最近ではFXでのデイトレードも人気が上がってきました。

[スポンサードリンク]

デイトレードとスイングトレードの違いとは?

ちなみにスイングトレードとはデイトレードより少し株式の保有期間が長い数日〜数週間となります。

基本的にタイプの近いスタイルですが、好みや性格によってデイトレードかスイングトレード、または場合によってどちらのスタイルも取り入れている投資家などに分かれるようです。

(参照→スイングトレード入門や手法、銘柄の選び方まで

デイトレードとスカルピングの違いとは?

スカルピングとはデイトレードよりも短い売買時間で行う株取引です。

スカルピングは1単位を何回も取りに行く投資手法です。

よって株の保有時間は基本的に5分以内で10秒ほどで売却してしまうこともあります。

短:スカルピング→デイトレード→スイングトレード→ポジショントレード:長

の順となります。

デイトレードに必要な資金と用意するもの

•資金
•パソコン(処理速度が早く性能の良いもの)
•証券会社(取引手数料の低い証券会社を選ぶこと)

資金については5万円でも、10万円でも始められますが、銘柄の売買単位によっては数十万ほどないと買えない銘柄もあります。

信用取引き(高い時に売り、安い時に買い戻す)を行う投資家は最低30万円が必要です。

資金が多くなってくると、買える銘柄も増え、一回の取引で多くの株を買えるので効率があがっていきます。

ただ初心者によるデイトレード入門の方は”手持ちの負けても生活に困らない余裕資金“で始めましょう。

小さな資金で始めることで成功や失敗を繰り返し、身をもって学習し、経験値が上がり成功する確率も上がっていきます。

株の資金についてのページはこちら

[スポンサードリンク]

デイトレーダーのネット証券の選び方

デイトレードで利益を残すために大切なのが、手数料の安い証券会社を選ぶということです。

ネット証券の手数料には2種類あります。

一回ごとの取引に手数料がかかる場合と、デイトレーダーのように一日に何度も売買する人向けに一日定額制(上限金額や回数あり)のサービスもあります。

続いて証券会社が出している無料情報とトレードシステム(自動売買など)の好みで選ぶということも大切です。

注文状況が見れる“板情報”売買ランキング上昇率ランキングなどはもちろん、QUICKと呼ばれる情報もチェックしてみましょう。

自動売買の種類

・「逆指値注文」…現在の株価より高い株価で「買い」の注文ができる。(「指値注文」とは現在の株価より安くなったら、「買い」という注文)

・「Uターン注文」…買い注文と売り注文を同時に出せる、デイトレーダーのためのような注文方法。(例:100円で買って、110円で売る)

上記のように、手数料や情報収集、トレードシステムの違いから比較して、自分のスタイルにあった証券会社を選びましょう。

株の注文方法についてのページはこちら

デイトレードで人気の銘柄の探し方は?

デイトレードで人気の銘柄とは流動性の高い(株の売買が活発な)株です。

逆に流動性がない株だと、買いたい時に買えなかったり、売りたい時に売れなかったりでデイトレードには向いていない銘柄と言えます。

デイトレードに適した銘柄を探すためには、先ほども出てきた、注文状況が見れる”板情報”や売買ランキングや上昇率ランキングなど参考にすると良い銘柄が見つけやすくなります。

最後に

株式投資にはいろいろなスタイルで資産運用している方がいます。

長期投資から、中期、短期、スイングトレード(数日から数週間ぐらい)、そしてデイトレード。

しかし大成功を納めた大投資家のほとんどは長期投資が多いです。

ただ短期トレードもメリットがたくさんあり、状況などによって活用していけば、新たなチャンスに巡り会えるかも知れません。

全て自己責任の投資の世界で生き抜くためには、あらゆる知識、選択肢を持つことは武器となってくれるはずです。

みんな始めは初心者でいろんな経験をしながら歩んでいきます。

充実した未来のために自らの資産運用を今から始めましょう^^

【関連記事】
株の銘柄選びのコツ
株にかかる税金ってどうなっているの?
FXと株の違いってどんなところ?
低位株、安い株について
リートとは?REITで不動産投資に挑戦しよう
システムトレードとは?

[スポンサードリンク]

 - 投資・株・FX・お金の勉強, 投資・株・経済の用語 , , , ,