株やFXの初心者・入門ガイド

2015年、株式市場どうなる!?株式投資のメリット(デメリット)、リスクやリターンなど

      2015/05/28

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

株式投資とは、「お金を増やす方法」のひとつで、さまざまなメリット(デメリット)などがあります。

もちろんリターンを得るには、リスクも当然あります。

ではしかし、銀行貯金だけ行っている人はノーリスクなのでしょうか?

それは違います。

銀行貯金をしているだけでも、知らない間に損をしている場合があるのです。

それではまず、アベノミクスという経済政策を見ていきましょう。

[スポンサードリンク]

アベノミクスにより、何が起こったのか?

日本では2013年からアベノミクスという、安部首相と黒田日銀総裁による経済政策が行われてきています。

それにより、円安、株高という大きな流れが出来上がりました。

日本は輸出企業が多いですから、円安により輸出が増えるとトヨタやパナソニックなどの潤ってくる企業が増えます。

そして株高になっていき、投資を行っている富裕層や、個人投資家も潤ってきます。

そして今後、潤った企業が従業員に対して給料を上げることにより我々も豊かになっていき、物が売れるようになり、消費が拡大、税収が増えて、日本国が健全化していくという流れを政府や日銀は目論んでいます。

しかし個人レベルで見てみると、円安になるということはチーズやワイン、コーヒー、乳製品などの輸入品は値上がりしていきます。

私たちの給料が増えていかなければ、円安による商品値上げで貧しくなっていきます。

銀行貯金にしても、円高局面では価値が上がっていきますが、円安局面では価値は目減りしていってしまうのです。

2015年は、アベノミクスの勝負の年になりそうですから、我々個人投資家も情報を収集して、この荒波を乗り切らないといけません。

2015年、株はまだ上がるの?バブルなの?

株式投資を行うマーケットでは、ITバブルやリーマン・ショックなど、いわゆるバブルが弾けると言われるように、株価が暴落することがあります。

バブルが起こると、経済は冷え込んでしまい、景気が悪くなってしまいます。

現在では、株価が順調に上昇していて、一部でこれはバブルなのではないかとささやかれるようになりました。

はたしてどうなのでしょうか。

正解を知っている人と言うのはいませんが、以前のバブルと言われた頃とは違い、今はしっかり業績がついてきている株価の上昇ですので、バブルとは言えないかと思います。

ITバブルの頃は、あまり何かもわからないIT企業にも高い株価がついたりする状況だったので、実態が伴わない”バブル”だったわけです。

個人的に私は今年も株を買い増していく予定です。(3月時点)

株式投資をするといろんな特典、メリットがある

株式投資をすることは、そんな円安による企業の成長に乗ることもできます。

そして他にも、株式投資をすることで得られるメリットがあります。

それは「配当」「株主優待」「貸株」などです。

それぞれの説明は下記のページで行いますが、銀行貯金では得られないメリットとなります。

これからの荒波を乗り切っていくためには、金融の知識、投資の知識を学ぶことが大切になってきています。

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

【参照】
配当金だけで悠々自適に生活が出来るって本当?
人気の株主優待一覧
貸株サービスの比較!メリットだらけの貸株とは?

【おすすめ 証券会社ランキング】
1位:楽天証券
2位:GMOクリック証券
3位:ライブスター証券

[スポンサードリンク]

 - 投資・株・FX・お金の勉強, 株の初心者ブログ , , , ,