株やFXの初心者・入門ガイド

株・Fx・仮想通貨を中心に情報を発信するトレード入門サイト

テスラの株の買い方・購入方法!米国株(アメリカ株)に投資をしよう!

      2017/04/26

LINEで送る
Pocket

テスラ・モーターズ(Tesla)と言えば、今話題の電気自動車の会社です。。

スティーブ・ジョブズの後継者として名高いイーロン・マスクが率いています。

「21世紀の自動車王」との期待も高まっている同社には、世界中から投資家が集まっています。

そんなテスラの株に投資したい!でも日本から米国株(アメリカ株)に投資するのって、なんかハードルが高そうで気が引けてしまう…。

そんな方も安心。今では初心者の方でも日本から、日本語で簡単に株の取引が出来てしまいます。

アメリカ株は1株から売買できるので、テスラの株は2万円~3万円もあれば購入できます。

それも日本株に投資するように安い手数料で。

ちなみに株主優待は日本独自のもので、アメリカ株(米国株)に株主優待はありません。

テスラの株を売買するために、証券会社に口座開設を!

テスラなどの米国株(アメリカ株)に投資するためには、証券会社への口座開設が必要です。

今主流のネット証券の中で、取扱い銘柄が多く、手数料が安く、米国株(アメリカ株)の情報などの提供も充実しているおすすめの会社を3つ挙げたいと思います。

「マネックス証券」「SBI証券」「楽天証券」

初心者の方から上級者の方まで、上記の証券会社で取引するのは、良い選択かと思います。

米国株(アメリカ株)を取引するための証券会社の比較

それでは各社の特徴を比較していきたいと思います。

◯アメリカ株の取扱銘柄数
 「マネックス証券」…約3000銘柄
 「SBI証券」…約1160銘柄
 「楽天証券」…約1000銘柄

◯売買手数料
 「マネックス証券」…約定代金の0.45%(最低 5米ドル〜上限 20米ドル)
 「SBI証券」…約定代金の0.45%(最低 5米ドル〜上限 20米ドル)
 「楽天証券」…手数料は1注文25米ドル(税込27米ドル、1,000株まで)

株の取引で特に重要な、取扱い銘柄数と手数料ですが、共に「マネックス証券」がダントツということになります。

「マネックス証券」は、米国株(アメリカ株)を最大の強みとしているので、アメリカ株を中心に株の売買をしたい方は、迷わずにマネックス証券で決まりかと思います。

逆に「SBI証券」や「楽天証券」では、日本株やその他の投資商品なども含めた、総合的な証券会社として強みがあります。

あなたの投資スタイルによって、証券会社を決められると良いかと思います。

ちなみに私は、アメリカ株は「マネックス証券」で、その他は「SBI証券」という2つの証券会社で株の取引しています。

参考になれば幸いです。

テスラ・モーターズの時価総額や株価、配当、今後について

(更新日2015,3,17)

テスラの時価総額は246億ドル(約3兆円)株価は195ドル(約23,400円)、配当は現在出されていません。(ティッカーシンボル:TSLA)

今一番、勢いがある企業がこのテスラではないでしょうか?

革新的な電気自動車を第一世代の「ロードスター」、第二世代「モデルS」、そして2017年には、第三世代を計画中とのこと。

この第三世代は、第一や第二という高級車ではなくて、大衆車として発売されるということですから、ここがテスラ・モーターズの勝負どころと言えそうです。

ここで良い製品を出すことができれば、テスラの株価は一気に上昇するのではないでしょうか?

ちなみに第二世代のヒットした際には、30ドル台だった株価は200ドルを超える株価へと急上昇を果たしました。

イーロン・マスクはアップルの時価総額(80兆円)を超えると豪語していますから、面白い銘柄であることは間違いありません。

【参照】
イーロン・マスク「21世紀の自動車王」となるか!?テスラ・モーターズの挑戦

 - 外国株の買い方 , , , , , ,