株やFXの初心者・入門ガイド

株投資のデメリットとは?

LINEで送る
Pocket

(前ページ→株投資のメリットには何がある?

お金を儲けることがメリットならば、お金を失うことがデメリットになります!

これから株を始めようと考えている初心者の方たちに、どうしても知っておいて欲しいこと。分かっている方が多いかと思いますが、それは【株では損をする場合も大いにある】ということです。

株で儲けるためには「安く買って高く売る」ことが基本となるわけですが、あなたが買った株の株価がずっと上がり続けるわけではありませんよね。

様々な事情があり、常に上がったり、下がったりを繰り返すのですが、やはり【下がりっぱなし】というケースも少なくないのが実情です。

では株価が下がりっぱなしになると、どうなるか。例えば10万円で買った株の株価が下がり続け、現在は8万円の価値しかない……となれば、その場ですぐ売却しても2万円の損をします。

[スポンサードリンク]

買った金額と売った金額に、差が生じて損をすることを売買損と言いますが、ではこの売買損を少しでも防ぐために、株価が下がったらすぐに売り払ってしまえばいいかと言えば、そうとも限りません。

現在は下がっていますが、ちょっとしたきっかけで会社の業績が上向きになり、株価が元に戻ることも、さらに上がることも考えられるのです。

もしも、株価が8万円に値下がりしたからと言って、慌てて売却したあとに、株価が一気に値上がりし、11万円になったとしたら、3万円分損をした気分になりますよね。

手持ちの株価が今後どう動いていくかを知るには、企業のことをよく勉強すること。手持ちの株の株価が何故下がったのか、何故上がるのかを調べること。

これが売買損というデメリットを防ぐために一番効果的な手段です。

次のデメリットとしては、もしも、あなたが買った株の会社が倒産した場合、その株は価値のない、ただの紙切れになってしまうということ。つまり10万円で買った株なら、10万円を失うということになります。

しかしそんなに簡単に上場している会社は倒産しませんし、日頃から企業の景気について調べ、社会の経済傾向などを知っておけば、倒産するような状況になる前に株を処理出来ますから、いくらでも回避することが出来ます。

株を持つと、情報収集を怠ることが命取りになるので、十分に注意が必要です。

(参照→株とFXとの違いって何なの?

[スポンサードリンク]

デメリットを回避したい! どんなときに株価が下がるの?

投資をするってどういうこと?でも、少し触れましたが、株価はこんなときに変動します。

「株を買いたい人」が多ければ株価は上がり、逆に「売りたい人」が増えれば株価は下がる。

人が、その会社の株を買いたくなる要因はなんなのでしょうか?逆に売りたくなる要因はなんでしょうか? そう考えると、どんなときに株価が変動するのか、何となく分かってくるヒントが見つかるかもしれません。

ここではもう少し具体的に説明していきます。

<企業の業績が関係!>

株価の値動きの中で一番重要なのが、企業の利益状況です。企業の利益が増えれば、一般的に株価も上がっていきますし、逆に利益が減れば株価は下がることが多いです。

企業利益というものは、毎年上がっていくことが好ましいですが、景気の状況などの外部要因なども加わり、どうしても上下してしまいます。例えば爆発的に売れる新商品を出したとしますが、その新商品がずっと売れ続けるとは限りません。

商品では2~3年の人気は保てても、徐々に下火になっていく可能性が大きくなっていきます。株で儲けるためには、その企業の今後の利益がどうなっていくのかを、しっかり考えたいところです。

長期的な成長をしている企業の株も、短期的に上昇している株も、投資家としては一番高い値がついているときに売りたいものですね。

企業の業績が悪化することにも、きちんとした要因があります

<景気が関係!>

株価とは、基本的に日本経済が成長しているときは上がり、低迷すると下がります。これは、企業の株価の価格を作り上げているのは、企業利益であり、その増減によって株価が動くからです。

当然ですが景気が良くなれば企業は大きな利益を出せますし、株価は上がります。しかし逆に不景気になると業績は落ち込み、その企業の株の売買で儲けようと考えていた投資家たちが、見切りをつけて売りに出すことが増えていきます。

するとどんどん会社は出資してくれる人を失い、元気がなくなっていって、さらに業績が悪くなっていくという悪循環が起こりやすくなっていきます。

逆も然りで、景気が良くなっていく局面では全体的に株価が上がっていくので、チャンスと言えるでしょう。

<金利が関係しています>

企業の借入金(借金)が多い場合、金利が高くなると、利息の額が大きくなり、運営が圧迫されます。生産業を行なっている企業などは、設備への投資を少なくしたり中止したりしなければいけなくなり、生産量が大きく減ることになってしまいます。

生産量が減るということは、当然売り上げや利益も少なくなることを意味しますよね。すると株価は下がりやすくなります。

<円高・円安などの為替が関係しています>

例えば、日本で300円の価値がある商品を、海外に輸出して販売しようとしたとき、1ドル150円のときに売れば2ドルで売ることが出来ますが、1ドル100円の円高のときに売ると、消費者たちは3ドル支払わなければその商品が買えないわけです。

すると、海外では「この前まで2ドルで買えた商品が、3ドルに値上がりしたからいらない」となり、商品が購入されなくなります。結果、輸出量が減る。生産量が減る。売り上げが減り、株価が下がるという仕組みです。

株式投資に為替レートは関係ないと考えている方も多いかもしれませんが、それは大きな間違いです。株は経済状況に簡単に左右されますから、円高のときは特に輸出企業などの株価が下がることが多くなります。(逆に円高に強い企業もあります。)

【次のページ→株とFXの違い

【おすすめ 証券会社ランキング】
1位:楽天証券
2位:GMOクリック証券
3位:ライブスター証券

【関連記事】
株の初心者・入門ガイド
株にかかる税金ってどうなっているの?
FXと株の違いってどんなところ?
リートとは?REITで不動産投資に挑戦しよう
ETFとは?

[スポンサードリンク]

公開日:
最終更新日:2015/12/10