株やFXの初心者・入門ガイド

投資のポートフォリオとは?(株や債権、FXなど)

LINEで送る
Pocket

投資のポートフォリオとは?(株や債権、FXなど)

ポートフォリオとは?

株式投資とは、証券会社が取り扱っているいる投資商品の一つです。

投資商品には株の他にもいろいろと種類があり、大きく分けて全部で5つに分類することが出来ます。これを<資産クラス>と呼びます。

◯ポートフォリオ一例
1・流動性資産(預金など、現金化しやすい系)
2・日本の株式
3・日本の債券
4・外国の株式
5・外国の債券

これはほんの一例ですが、この5つの投資商品などで、資産をどのような割合で保有し分散させたかをポートフォリオと呼びます。

このポートフォリオとは、1つの企業の株しか持っていない人にとってはあまり重要なものではありません。しかし複数の株や債券がある投資家たちにとっては、自らの資産運用に欠かせないデータとなっていきます。

[スポンサードリンク]

ポートフォリオを作成し、自分の資産がどのようなバランスになっているのかを確認したり、分析すると、資産運用がより行ないやすくなるというメリットがあります。

例えば、ハイリスク・ハイリターンの株と、ローリスク・ローリターンの株をバランス良く持っていれば、ある程度の株価の変動にも備えられるようになります。

例えば1つの株で10万円の損失が出ても、残り9つ所有している株全部で10万円の利益が出ていれば、結果的に損失になりません。

逆に9つの株の合計損失が10万円になったとしても、1つの株の高騰で10万円の利益が出れば、同じくマイナスにはならないということです。

あるいはFXなどで国内の日本円、外国の外貨をバランス良く持っていれば、急な円高にも円安にも対応できることになります。特に外貨や外貨資産は重要です。

為替とはトレードオフの関係なので、日本円が強くなればアメリカドルは弱くなる。逆にアメリカドルが強くなれば、日本円が弱くなる。となるのでポートフォリオに外国通貨を入れることは意識しましょう。

資産を株だけに偏ってしると、世界同時株安などとポートフォリオが大きく傷つくことも出てきます。よって株式投資に加えて、FX(為替取引)も積極的に行いましょう。

(参照→株とFXとの違いって何なの?

ポートフォリオは、各ネット証券会社のサービス機能としてその証券会社で保有している銘柄などを確認することができます。

自分の資産を一つ一つ分割してみるのではなく、全部を並べて見渡すことが出来るので大変便利ですね。

また、気になる企業の株があった場合、実際に株を購入せずとも、チャートや指標を並べて見ることができますから、比較しやすいという特徴もあります。

[スポンサードリンク]

ナンピン買いとポートフォリオ

初心者の方にはリスクが高く、あまりオススメできませんが、投資手法の一つに「ナンピン買い」というものがあります。

ナンピン買いとは、値下がりした株を買い足す方法のこと。例えば、1株100円の株を100株持っていたとすると、1株あたりの単価は100円になります。

しかしこの株が値下がりして、1株80円になってしまったとします。すると、このままでは株価が100円に戻らない限り、20円×100で2000円の損失になってしまいます。

そこで、1株80円という、最初より20円安い値段で、この株をさらに100株買い足すわけです。

所有株は200株になり、1株あたりの平均が90円で購入したことと同じことになりますから、株価が90円まで回復してくれれば損がでないことになるのです。

しかしこれは、あくまでも理論上は可能である、という方法に過ぎません。

100円から80円に下がった株価が、その後90円まで回復するかどうか確証はありません。もしかすると70円、60円とさらに降下し、損益がどんどん広がるだけかもしれないのです。

買い足しを行なえば行なうほど、あなたのポートフォリオはその銘柄に偏っていき、リスクが大きくなっていきますから、株価が下がったら必ずナンピン買いをすればいい、という方法では決してありません。

「下手なナンピンすかんぴん」という言葉がある通り、いたずらにナンピン買いを行なっていると、そのうち所有株や資産が大きく傷つく場合もありますので、気をつけて行う必要があります。

しかし実力のある投資家には、有効な投資手法であることも間違いありません。

よってナンピン買いを行う際は、株価が下がり続けている時にはナンピン買いをせず、株価が下げ止まったことに自信が持てた時まで辛抱するようにしましょう。

また、株価がその後、平均値まで戻るかどうかをしっかりと予測することが大切です。業績の悪化などの原因で株価が下がっている場合、業績が回復するには長い歳月がかかることが多いです。

そんな時は早めに株を売却し、新しい株を購入した方が懸命ですし、逆にもし一時的に多くの株が売りに出されたせいで株価がさ下がっているだけであれば、短期間で回復することも考えられますので、株価の下落の理由をしっかり探ることが重要ですね。

[スポンサードリンク]

損切りとは?ロスカットをして傷口を最小にして資産を守る!

損切りは投資において大変重要です。一番大切だと言っても決して過言ではないでしょう。

自分の持っている銘柄の株価が下降し損失が出ている状態の時に、損を覚悟で被害を最小限にするために売却する行為を”損切り”あるいは”ロスカット”と呼びます。

(参照→ 株の損切りと利益確定の具体的なやり方

しかし”損切り”と文字で書いてしまうと簡単なのですが、これを実践するのがなかなか難しく、初心者の投資家にはもちろん、ベテランの投資家でも難しいことなのです。

誰しも損失を出すのは避けたいものです。利益が出ることを期待して株の取引をしているのですから、その逆の結果はなかなか感情的に受け入れることができません。

特に株取引を始めたばかりの初心者の頃はなおさらです。なかなか”損切り”ができず、また上がるだろうなどと勝手に思い込み、放っておくと、最終的にはすべてを失うことにもなりかねません。

損を大きくしないためには、値下がりが”買値から△△%下がったら売る”というルールを自分で決め、それを必ず守ることが大事です。

決して決めるだけではなく、実行することが大切です。

1・例えば”買値から3%下がったら”無条件に売却する
2・不安な人は”条件付き注文(逆指し値注文)”を利用する

1は意思の問題ですが、決めたことを何も考えずに機械的に実行することになります。 2は自分ではなかなか決断することができない人にとってありがたい、自動で注文してくれる機能になります。

逆指し値注文などは、自分で設定した価格などで自動的に売却注文を出してくれます。

“損切り”とは、すばやく決断し行動した人が断然有利です。躊躇し悩んでいるうちにも株価はどんどん下がっていくかもしれません。

ぜひ、損切りという手法であなたの資産を守り、ポートフォリオを大きくしていきましょう。

【次のページ→配当の受け取り方

【おすすめ 証券会社ランキング】
1位:楽天証券
2位:GMOクリック証券
3位:ライブスター証券

【関連記事】
株の初心者・入門ガイド
株にかかる税金ってどうなっているの?
FXと株の違いってどんなところ?
リートとは?REITで不動産投資に挑戦しよう
株のポートフォリオ、分散投資を効果的に!

[スポンサードリンク]

公開日:
最終更新日:2015/12/10