株やFXの初心者・入門ガイド

株・Fx・仮想通貨を中心に情報を発信するトレード入門サイト

株の指標を参考にしよう!

LINEで送る
Pocket

【PER 株価収益率】同じ1株1000円の株にも、割高・割安の株があります!

株,株式,投資,指標,per,pbr,roe

例えば1株1000円の株と、1株5000円の株があったとしたら、金額的に考えて1000円の株の方が当然安いですよね。

しかし実際には、どちらの株が割安で、今後値上がりする見込みがあるかどうか……つまりお買い得であるかどうかを判断するには、株価と、企業が出している利益との割合を見て計算しなくてはなりません。

株式投資の世界には株価の割安・割高を数値にして表す指標をはじめ、さまざまな数値があります。

その指標の意味や見方を見ていきましょう。

◯PER(株価収益率)
株価÷1株あたりの純利益 で計算する数値

この計算式をもとに考えると、例えばその株式が割安であると判断するには、現在の株価が企業が表示している通常の株価平均よりも下回っていなければなりません。

PER(株価収益率)とは、株価と、企業が生み出している利益の関係から、株価がどれぐらい割安かを判断する指標です。

PERの計算式は、株価÷1株当たりの純利益です。例えば、1株当たりの利益が100円のA社の株価が2000円であれば、PERは2000円÷100円で20倍。

これはA社の株に、利益の20倍の値段がついていることを意味します。一方、1株当たりの利益が200円のB社の株価は、3000円だったとします。こちらのPERは3000円÷200円で15倍。

つまり利益の15倍の値段で株式が買えるということですから、株価そのものはA社より1000円高くても、PERから考えれば、B社の方が割安でお買い得だということになります。

PERは企業の財務情報と株価情報から計算できますし、ネット上の株式関係のサイトでも紹介されています。またYahooファイナンスや各ネット証券会社のログイン後の画面などでも確認することが出来ます。

一般的にPERの標準的な数値は15~20倍といわれていますが、これは業種によって異なっています。どの業種の平均数値がどのくらいなのかは、あなた自身で調べてみましょう。

また成長期の業種はPERが高く、安定している業種はPERが低くなる傾向があります。PERだけを参考に、株価について考えるのは危険です。あくまでもトータルとして企業を見る場合の参考程度にお考えください。

(参照→株とFXとの違いって何なの?

【PBR(株価純資産倍率)】PBRとは何ですか?

PBRは、企業が持っている資産面から株価の割安度を計るための指標です。上記でご紹介したPERは1株当たりが、利益の何倍の値段がついているのかが分かる指標でしたね。

今回ご紹介するPBRは、株価の純資産倍率と呼ばれます。 会社の資産(株主-株を買ってくれた人たち-が出資してくれた資本金や、利益の中から蓄えたお金など)から負債を差し引いたもので、株主資本ともいいます。

つまり純資産を発行済み株式数で割った数字(1株当たりの純資産)とは、もしその企業が解散した場合、1株当たりに配分できるお金の額を表しています。

◯PBR(株価純資産倍率)
株価÷1株あたりの純資産 で計算する数値

このPBRが1倍以下なら、株価より、1株あたりの純資産が高いことを示しますので、企業そのものに株価以上の価値があることになります。

1倍を大きく上回っているなら割高ということ。理論上では、1倍以下の会社は、まるごと会社を買い取ってから解散させてしまえば儲けになることになります。企業買収などが活発化しているのは、こういうことが関係しているのです。

ただ、株価と言うのはこのPBRだけで決まるわけではありません。 上記でご紹介したPERのような1株の利益に対して何倍か?というような数値もありますので、そのような指標とあわせつつ、割高、割安を判断したいですね。

このPBRが必要になる時はどういう時かと言うと、企業に何か不祥事やトラブルがあって、大幅に株価が下落した時、底値はどこかを決める材料として、このPBRの指標を使うことがあります。

つまり株主資本に対して、株価が割高か?割安か?どのあたりの株価ならば妥当なのか?今は、下げすぎて割安すぎるのか?などの判断材料に使われるわけですね。

良くあるのは、PBR1倍前後で買いが入り、底が決まるという事がよくあります。つまり何か特別な要因で株価が急落した時に、PBR1倍付近で買いを入れれば、その後、株価が上昇する可能性が強いという事です。

安く買って、高く売れるということですね。

ただ、そうはいっても株価の底値がいくらなのか、確かなことは誰にも分かりません。 ただ、参考に出来る数値である、ということ。 損しない投資が大切ですから、PBRと言えでも万能でもありませんし、参考とすべき投資指標の一つのうちだと考えるべきでしょう。

その他にも参考にするべき指標はありますか?

株式投資には上記でご紹介したものの他に、様々な指標が存在しています。ROE(株主資本利益率)や、ROA(総資産当期純利益率)なども重要な指標とされているので、どのようなものなのかを是非調べてみてください。

(参照→ROEの意味とは!?「ROE」と「JPX日経400」との関係

◯EPS(一株あたり利益)
企業の純利益(または経常利益)を発行済株式総数(企業が発行している株式の数)で割ります。これにより、その会社のEPSが計算されます。

◯BPS(一株あたり純資産)
貸借対照表上の純資産(株主資本)を発行済株式総数(企業が発行している株式の数)で割ります。このことにより、1株に対する企業の純粋な資産額を計算することができます。

◯売上高利益率
売上高利益率とは売上に対する利益の割合を指します。利益(経常利益)を売上高で割ることで計算することができます。1単位の売上につきどれだけ利益が上がるかを示す指標です。

◯総資本回転率
総資本回転率とは投資している資産は売上により回収されます。ここから、その回収が資産に対して何回回転しているのかを示す指標です。売上を資産で割ることで計算できます。

【次のページ→チャートで動きを掴もう

【関連記事】
株の初心者・入門ガイド
株にかかる税金ってどうなっているの?
FXと株の違いってどんなところ?
リートとは?REITで不動産投資に挑戦しよう
ETFとは?

公開日:
最終更新日:2017/12/12