株やFXの初心者・入門ガイド

株に投資し個人株主になるには、最低いくらの投資資金が必要?

LINEで送る
Pocket

株に投資し個人株主になるには、いくらの投資資金が必要?

[スポンサードリンク]

初心者の方にとって、株式投資にはたくさんの資金が必要で、お金持ちしかできないイメージがあるのではないでしょうか。

数千円程度の少ない資金から投資を行なえるFXと違い、株式投資では最低でも5万円や10万円程度の資金(軍資金・初期費用)が必要となってきます。

(参照→ 株とFXの違いとは?どっちが儲かるの!?

株価には「相場」はなく、企業の意向などが大きく反映しており、購入できる最低の単位などもまちまちです。

株は1株あたりの金額はさほど高額ではありません。100~5000円程度のものが大半でしょう。

しかしその株(日本株)はアメリカ株のように1株ずつ購入することはできず、例えば10株、100株、1000株と言ったまとめて購入することが必要です。(100株単位での購入が一般的)

ちなみに何株単位で株を売り出しているかは、その企業によって異なりますので、気になる企業の株の単位(単元株数)と金額はきちんと確認しましょう。

個人株主になるには、この単元株数で購入する必要があります。

ちなみに大手ネット証券では、10分の一の資金で株を購入できるミニ株というサービスを行っています。そうすると100万円必要だった資金が10万円に、10万円必要だった資金が1万円で購入することができるようになります。

ミニ株を利用すると、もっと気軽に株式投資を始められますね。

(参照→ 初心者におすすめのミニ株とは!?

[スポンサードリンク]

株を購入する際の資金はどうやって計算するの?

株を買いたいと思った時、どういった計算をすれば、いくらで買えるかわかるのでしょうか?

例えば、A社の株が1株1000円の株価で、100株単位で購入できるとしたら、最低でも10万円は必要だと言う事になります。またB社では1株10万円を、1株から購入できるとあっても、やはり10万円必要ですよね。

100株で10万円のものと、1株で10万円の株を比べると、何となく1000株で10万円の方がお得じゃないの?と感じてしまいますが、特にどちらが得だということはありません。

例えば株価が20%上がり、A社の株が1株120円になったとしましょう。これが1000株あるので12万円の価値がつき、2万円の利益が出ますね。

一方B社の1株10万円が20%値上がりしても、やはり12万円です。どちらが良い、というわけではありません。

しかし流動性といって、細分化して数を売っている方が買いたい時に買え、売りたい時に売れるというメリットはあります。

昔、株と言えば最低でも100万円程度の資金がないと購入できないものでした。そこで「お金持ちにしかできない」という印象がついたしまったと言えます。

しかし現在ではそういったお金持ちの投資家だけでなく、個人でも株が購入できるよう、証券会社などは上場企業に株単価の値下げを促しているようです。よって私たち個人投資家でも株を購入しやすくなりました。

投資について全く知識のなかった人たちから見れば、10万円や30万円という金額は大変に高額で、ちょっと手が出しにくいと感じるかもしれませんが、昔から比べれば格段に始めやすくなったのは間違いありません。

一生懸命働いて、黙って貯金をしていても、その貯金がそれ以上の価値になることはありません。

ギャンブルとは、儲ける確率を天(仕切っている人達)に任せるようなものではなく、確実な情報を集めて企業を観察していれば、株は勝つ可能性を高めることができます。

ただし、全財産を使ってしまうことのないように、注意が必要です。まずは少額から経験値を積むことが大切でしょう。

(参照→資金が少なくても大丈夫!少額からはじめる投資>)

[スポンサードリンク]

株を買うには、購入代金の他に手数料がかかるって本当ですか?

ほんの数百円程度のものですが、株を売り買いするときには手数料がかかります。投資家が株の売買を行なうためには、証券会社を通さなくては取引出来ません。

証券会社が会社と投資家を仲介してくれるから、面倒な手続きなどをなるべくなくして、投資しやすい環境を整えてくれています。

ちなみに投資家が証券会社に株式の売買を委託し、証券会社が株式市場で取引を行なう方法を「委託取引」と言います。

証券会社は、投資家たちが各企業と直接株を取引するよりも、大変スムーズに取引を行ってくれますし、取引をする度に面倒な手続きが必要になることもありません。

その代わり、投資家たちから手数料を受け取っているのです。

例えば30万円の株を購入したかった場合、40万円以下の取引にかかる手数料は、消費税を含めて400円程度になっていますから、投資家は30万400円を支払わなければいけないということ。

また、投資家が持っている株式の売却を証券会社に委託し、取り引きが成立した時に投資家が受け取る売却代金は、約定代金から委託手数料と消費税を差し引いたものとなります。

約定代金も各証券会社によって違いますので、10万円以下の取引が多くなりそうなら、10万円以下の手数料が安いところを選び、100万円単位でやり取りしたい場合は、100万円以上にかかる手数料が安いところを選ぶ!というようにあなたの投資スタイルに合わせて証券会社を選びましょう。

(参照→ 株の証券会社を比較しよう!

手数料を取られないところはないの?などと考えてしまう初心者の方もいるかもしれませんが、企業が企業として成り立っていくには利益を得なければいけません。

手数料を取らず、利益を得ず、社員が皆ボランティアで働いている証券会社はありませんので、少しでも手数料を安くすませたいと思われるなら、いろいろな証券会社のホームページをよく見て、よく検討する必要がありますね。

(参照→ 将来は株の投資 手数料が無料になる?株取引アプリRobinhoodがグローバル展開へ

株に投資する資金は、生活に響かない余裕資金で

ハイリターンを狙い、お給料の全部をつぎ込んで、来月の支払い前までに何とかお金を増やそうと考えてもほとんどうまくいきません。

あなたの買った株価がいつ値上がりするのかは、今後の経済の流れによって左右されるものですから、だれも完璧な予測など出来ません。初心者は特に、株式投資を長期運用として購入するのが良いでしょう。

例えば来月までに値上がりしなくても、1年、2年、3年と待っていれば、転機を逃す確率も少なくなります。

また、例えば3年後に大きなチャンスが来て、100万円程度儲けることができたとしても、その儲けた金額をすぐに使ってしまっては、また振り出しに戻ってしまいます。

投資で利益を得たら、その分を次の投資へと再投資し、持ち株を増やし、勝負できる回数を増やして、より多くの儲けチャンスを得ることがポイントです。

(参照→ 魔法の言葉”複利”について考えてみよう

少しずつ持ち株を増やして、年月をかけ、より多くの資産を生み出していき、株はできるだけ早くにはじめ、じっくり資産を増やしていきましょう。

将来、子供の養育費にするつもりで安易に株式を始めたり、家を買うつもりの資金で株式を始めることはしないようにしましょう。

お子様の養育費や住宅購入資金などは、今後、生きて行く人生の中においてとても重要で、なくてはならないものです。

もしかすると、投資したお金の価値がなくなるかもしれないし、大きく下がってしまうかもしれませんから、儲けれることを前提とした、投資するものではないですね。

あくまでも株などの投資は、貯金や資産を増やすため。あくまでも余裕資金のお金を増やすためのものです。自分の生活は、自分で守らなくてはいけませんからね。

しっかり勉強して、資産を増やしていきましょう。

【次のページ→株の指標を参考にしよう

【おすすめ 証券会社ランキング】
1位:楽天証券
2位:GMOクリック証券
3位:ライブスター証券

【関連記事】
株の初心者・入門ガイド
株にかかる税金ってどうなっているの?
FXと株の違いってどんなところ?
リートとは?REITで不動産投資に挑戦しよう
ETFとは?

[スポンサードリンク]

公開日:
最終更新日:2016/03/31