株やFXの初心者・入門ガイド

テクニカル分析を活用する方法とは?

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

株式投資を行うに当たり、初心者の方はまず専門用語を覚えるのに苦労すると思います。

またやっと意味について覚えても、実際にそれらをどのように活かして株式投資を行うかも身に付けるまで苦労があります。

さて、このサイトでもチャートの見方、読み方について少しご紹介しましたが、このチャートから得られる情報を活用して投資することをテクニカル分析と言います。

チャートを詳しく分析することで、タイミングなどを察することができるようになるので、まずはチャートの見方、テクニカル分析の仕方について覚えることが先決です。

[スポンサードリンク]

例えばチャートで大事なのが「トレンド」というもの。

株価と言うものは基本的に常に上下しているものですが、その細かな上下を繰り返しながらも、結果的には上昇傾向にあるか、下降傾向にあるか、その方向性をそれぞれ「上昇トレンド」「下降トレンド」と呼んでいます。

株,株式,投資,テクニカル,分析,活用

このトレンドが上昇から下降に転じる時。逆に下降から上昇へ転じる時。

それらの時期をある程度正確に見極めることができるようになれれば、大きな利益を生み出すことも可能になるでしょう。

そんなの予測できるわけないじゃない?と思ってしまいますが、これらのトレンドや、出来高などの情報を参考にすると、およその目星を立てることができます。

勿論、株価と言うものは機械的にパターンを持って動いているわけではないのですが、買う人が多ければ株価は上がり、売る人が多ければ株価は下がるのが基本。

出来高とはこの買いと売りが成立して、取引が行われた数を表しており、この数が多いほど、活発に売買が行われていることが分かるわけです。

株を売る人が増え、株価が下がって行っても、企業資産等を考えてお得な価格になれば、今度は買う人が増えて株価が上昇します。

この上がる瞬間を見極められれば、一番お得な価格で株価を購入できますし、下がる瞬間を見極めて売るタイミングが分かれば、少なくとも損をすることはなく、よい利益を回収することができるでしょう。

このように書かれた文章をサラリと読むと、何だ意外と簡単そう!と思うものですが、実際の株価の上下変動を見ていると、トレンドを読むことが非常に難しいと気付くはずです。

下降していた株価が急に上昇を始め、トレンドの転換点か!と思ったら、すぐにまた下降を始めるなど、こちらの期待はお構いなしですからね。

企業の情報を分析して投資に役立てるのがファンダメンタルズ分析、そしてチャートの情報を活用して投資に役立てる事をテクニカル分析といいます。

ここではテクニカル分析の活用方法と注意点を説明します。テクニカル分析の基本となる部分なので、初心者の方も覚えておきましょう。

(参照→株とFXとの違いって何なの?

[スポンサードリンク]

いろいろな情報を上手に活用すること

上記のように、出来高やトレンドを見ているだけでは、なかなか転換期を読むことはできないと思います。

株式投資を行うに当たり、証券会社で確認できる企業情報の中には、本当にいろいろな種類があり、こんな数字を知って何になるんだよ?と思うような内容まで数字化されています。

これらの指標と呼ばれるものは、一つ一つの数字はさほどあてにもなりませんし、頼りになる情報にはなりません。

しかし企業が成功して業績をどんどん伸ばしていくために必要なことは、取り扱う商品数を増やすだけでも、従業員の教育を徹底することだけでも、素敵なCMを作って宣伝を強化するだけでも、経費の削減に力を入れることだけでもダメですよね。

いろいろなことが総合的に組み合わさって、歯車が噛み合うからこそ、人気が出たり、利用者が増えて行ったり、ファンができるわけです。

SBI FXTRADE

株,株式,投資,テクニカル,分析,活用

それと同じように、指標で示される数値はすべてトータル的に考えます。

その企業の強みは何で、弱いところはどこで、今後どんな展開が期待されるのか、指標を見たり、その企業の業績状況、最新ニュース、過去のニュースや実績を見ながらじっくり考えてみてください。

現在の利回りは良いけれど、人気がない低位株であり、将来性にかけるとか。

配当金は凄まじく少ないけれど、毎日の値動きが大きいので、デイトレードに向いている株だとか。

業績が安定していて、株価の変動も少なく、配当金も少ないけれど、株主優待がズバ抜けていい株だとか。

それらの情報はきっと銘柄選びに大いに役立つはずですし、また売買のタイミングを予測する時にも活用できると思います。

テクニカル分析をすることは、初心者の方にとっては少々面倒なことですし、何をどう活かして考えるのかポイントが分からないこともあるかもしれません。

しかし誰かのマネをして銘柄を選んだり、他人の情報をあてにして株を買ったりすると、必ず後悔する瞬間がやってきます。

いくら「お前のせいで大損した!」と文句を言っても、株の購入はあくまでも自己責任であるため、相手を責めることはできません。

自分の利益を自分の手で作ることを考えて、面倒くさがらず徐々にに分析に慣れていくことが大切です。

最初はなんちゃって分析でも構いません。そこから自分のスタイルを見出していきましょう!

【おすすめ 証券会社ランキング】
1位:楽天証券
2位:GMOクリック証券
3位:ライブスター証券

【関連記事】
株の初心者・入門ガイド
株にかかる税金ってどうなっているの?
FXと株の違いってどんなところ?
リートとは?REITで不動産投資に挑戦しよう
ETFとは?

[スポンサードリンク]

公開日:
最終更新日:2015/05/16