株やFXの初心者・入門ガイド

株の証券会社を比較しよう!(ランキング3)

LINEで送る
Pocket

[参照→手数料の安さランキング5]

☆1位: SBI証券

総合力No,1のネット証券会社です。

手数料はネット証券中でも最も安い水準にあり、取扱い商品、投資関連サービス、投資情報の充実など非常にバランスの良い証券会社です。
また、トレーディングソフトも充実しています。総合的なバランス力に優れた証券会社なので初心者向き。


☆2位: 楽天証券

楽天証券は、楽天グループのネット専業証券です。マーケットスピードと呼ばれる取引ソフト(システム)が人気です。

トレーディング機能に優れており、特にデイトレード、スイングトレードなど板情報を見ながら取引する投資スタイルに適しています。
特筆すべきサービスとして、「マーケットスピード」というトレーディングツールがあります。

 


☆3位: GMOクリック証券

インターネット企業であるGMO(グローバルメディアオンライン)系列のネット証券です。旧GMOインターネット証券。

ネット企業らしくブラウザ常駐型の発注ソフトなどユニークな取引環境も提供してくれます。手数料もかなり安めの証券会社です。


◆ カブドットコム証券

三菱UFJフィナンシャル・グループの証券会社です。

手数料の安さに加え、チャートの質や種類には定評があります。

加えて、多彩な特殊注文を用意するなど証券業界でも特徴的なサービスを多く提供しています。

スマホ対応もバッチリで、これからの時代の株取引にも対応。カブドットコム証券でライバルより一歩先を行きましょう!!


◆ マネックス証券

アメリカ株に投資するならオススメはマネックス証券。
銘柄数・手数料とも圧倒的!!

マネックス証券は、ネット証券としてサービス内容やコスト(手数料)などの面で非常にバランスの取れた証券会社のひとつです。

複数の証券会社に口座を開設して使い分けるという投資家よりもひとつの証券会社で集中的に取引したいという投資家に向いています。


◆ ライブスター証券

手数料の安さNO,1はライブスター証券

旧:アイディーオー証券株式会社。2011年に設立された新証券会社ですが、業界最安値水準となる手数料の安さで次々に口座を獲得しています。低コスト証券として今後注目度が高いネット証券です。


◆ 松井証券

デイトレするなら信用取引手数料無料の松井証券

松井証券は大正7年創業の老舗証券会社のひとつです。一方で、証券取引のネット取引、手数料体系などを大きく変貌させた立役者でもあります。

ネット証券におけるリーディングカンパニーとして、様々な特徴的なサービスもスタートさせています。

 


◆ 丸三証券

口座開設から2ヶ月は完全手数料無料というサービスを提供するネット証券です。また、日経テレコンや日経会社情報など丸三証券でしか提供していない投資情報サービスも多いので、情報収集用にもぜひ活用したい証券会社です。

 

株の証券会社の選び方!選ぶときのポイントや基準

あなたは証券会社を選ぶ時、何を優先順位の上位に持ってきますか?

手数料の安さやツールの強さ、会社の有名度や人気度などの信頼度、株式以外にもFXや債権などの商品ラインナップなど。

証券会社各社ともに特徴があり、強みや弱み、総合力など様々です。

総合力のあるSBI証券や、アメリカ株式に強いマネックス証券、ツールに強い楽天証券、手数料の安いライブスター証券、勢いのあるGMOクリック証券など。

あなたが優先するポイントによって、選びたい証券会社は変わってきます。

そんな中、おすすめしたのは良いとこ取りをすることです。

実際に取引をするのは信頼度があるSBI証券で、アメリカ株ではマネックス証券、ツールや情報収集では楽天証券など併用することにより良いとこ取りすることができます。(ちなみに私はSBI証券と、マネックス証券を利用しています)

このように自分にあった証券会社を組み合わせることで、あなたの力になってくれるでしょう。

口座維持費などはかかりませんので、ぜひ積極的に口座開設して試してみることをおすすめします。

FX投資や海外投資する時の、証券会社を選ぼう

[参照→手数料の安さランキング5]

[参照→FXにおすすめの証券会社(比較・一覧)]

[参照→海外投資におすすめの証券会社(比較・一覧)]

【関連記事】
株の初心者・入門ガイド
株にかかる税金ってどうなっているの?
FXと株の違いってどんなところ?
リートとは?REITで不動産投資に挑戦しよう
ETFとは?

公開日:
最終更新日:2017/12/05