株やFXの初心者・入門ガイド

投資をするってどういうこと?(株やFX)

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

株式投資をする、と言われてもイマイチよく分からない。投資って具体的にどんなもの?

株,初心者,入門,勉強,fx

株とは有望な会社の未来に投資することです。 株とは正式には【株式】といい、株式会社が投資家たちから出資金を集めた時に、お金と引き換えに発行する証書のことを示しています。

簡単に言えば、会社が何か事業を興そうとすると、大きな資金が必要になるため、 その資金を投資家から集め、出資してくれた証明証書を発行する。それが株なのです。

一般の投資家が買えるのは上場企業(証券取引所で株の売買を許された信頼のできる企業のこと)の株で、投資家は、資金を出すことで会社があげた利益の一部を還元してもらうことができます。

会社が発行する株を購入した投資家のことを【株主】と呼び、株主はいわば会社のオーナーのようなものだとお考えください。

つまり【投資】とは、会社の事業に資金を提供することで、会社の運営に参加することを言います。

(参照→株とFXとの違いって何なの?

[スポンサードリンク]

もし会社が何か新しい事業を始めようとして、大量の資金を必要としたとき、不特定多数の投資家からお金を集めなければなりません。そうなると知り合いの投資家だけに頼るのも限界があるので、CMや目玉商品の宣伝をし、多くの人に会社のことを知ってもらって、出資してもらうようにします。

大勢の投資家たちが株式を売買するところを証券取引所といい「株を買いたい人」「売りたい人」が集まりを形成しています。 テレビなどでよく耳にする「東証一部~」というのがまさにコレです。

証券取引所で株を取引できる企業を上場企業といい、一般の投資家が未上場の企業の株を買うことはできません。 株主の権利には「利益の一部を(株主優待や配当金として)受け取る」「株主総会に参加できる」などがあり、総会に参加することで、より企業を深く知ることも出来るのです。

[スポンサードリンク]

株ってそもそも、どうやって儲けるの?

株の基本的な儲け方は3つあります。

<値上がり益で儲ける>

キャピタルゲイン」と言われる値上がり益で儲けます。 仕組みはとっても簡単。買った株が、買ったときの価格以上の価値になったときに売れば、その値上がり分が儲けになるというわけ。 投資家の多くはこの「値上がり益」を目的に株の売り買いを行います。

<業績に応じた利益で儲ける>

インカムゲイン」はといわれる配当で儲けます。株主には、会社の利益の一部が還元されます。 上記でご紹介した値上がり益が、持っている株の10%、50%といった大きな利益を狙えるのに対し、 インカムゲインで得られる配当は年に0~3%ほどです。

しかし値上がり益は、買った株が値上がりしないと得られません。 逆に値下がりしてしまえば利益どころか損失を被る可能性もあります。 一方で、配当は会社の利益が大きく膨らめば増え(増配)に、逆に業績が悪くなれば減り(減配)はしますが、比較的着実に利益を得られる方法です。

<株主優待で得する>

そして株には「株主優待」というおまけがついてきます。これは配当と同じく株主に対して会社の利益を還元する一つの制度で、具体的にはその会社の製品や割引券などがもらえます。

しかし、おまけと言っても最近では株主優待に力を入れている企業も増えてきて、現金に換算して計算すると、かなり高利回りな商品もあるのです。

配当に株主優待を加えた実配当利回りが5%を超えるケースも珍しくありません。 ただし注意したいのはすべての会社が株主優待制度を行っているわけではないということです。

また株主優待を受けるには会社の権利確定日に株主である必要があります。権利確定日は会社の決算日のところが多く、極端に言えばその日だけ株主であれば株主優待は受けられます。

[参照→つなぎ売りとは?株主優待を賢くゲットする方法]

では権利確定日に株を買っておけばいいのかというと、そうではありません。株主として株主名簿に登録されるには権利確定日の3営業日前(権利月最終日)までに株を買う必要があります。 また株主優待や配当払いを狙いで注意しなければならないのは、権利確定日前は株価が高くなる傾向があるということです。

せっかく株主優待や配当をもらっても、権利確定日後に値下がり、それ以上の売却損が出てしまっては意味がありません。経済の流れや企業の景気などを見極め、安いときに買い、高くなったら売る、これが株の基本です。

SBI FXTRADE

どうすれば株の価値(株価)は上がるの?

株の値段をとくに株価といいますが、株価は常に一定というわけではありません。

「株を買いたい人」が多ければ株価は上がり、逆に「売りたい人」が増えれば株価は下がります。

では実際にどのようなときに株価が動きやすいのでしょうか。まず一番の要因はもちろん会社の業績の良し悪しです。

業績が上がれば企業からの配当などのリターンに期待が膨らみ投資家の人気を上げることになります。逆に、業績が下がれば投資先としての魅力が落ち、株価は下落してしまうことになります。

また業績に関係してくるのが新製品や新サービスの発表などです。製造業者などでは工場新設も事業を拡大させるための手段となるので、一つの判断基準となるわけです。

これらの会社の業績に関することはテレビやインターネット、新聞などのニュースでチェックする習慣も大事になってきます。また、経済環境がよくなれば株価は上がります。 会社を取り巻く経済や政治の状況なども株価に影響を与えます。

一般に景気がよくなれば株価は上がり、景気が悪くなれば株価は下がるのです。

【次のページ→投資するメリットはあるの?

[ FXと株の違いって何?]

【おすすめ 証券会社ランキング】
1位:楽天証券
2位:GMOクリック証券
3位:ライブスター証券

【関連記事】
株の初心者・入門ガイド
株にかかる税金ってどうなっているの?
「イナゴ投資家」増殖中??イナゴタワーの意味とは??
リートとは?REITで不動産投資に挑戦しよう
ETFとは?

[スポンサードリンク]

公開日:
最終更新日:2015/05/16