株やFXの初心者・入門ガイド

低位株(安い株)について

LINEで送る
Pocket

低位株(安い株)について

[スポンサードリンク]

低位株(安い株)とは?

低位株とは、1株当たりの株価が200円以下のように割安な低価格の株のことを指します。

少し前まで低位株(安い株)は<ボロ株>なんて呼ばれ方もされていましたが、実は低位株、とても人気があるのも事実です。

それは何と言っても買いやすい!このような低位株なら、100株買っても2万円という低価格で株式が保有できる。個人投資家にとっては、株式は低価格ほうがありがたいですね。

投資資金を10万円持っているとすると、低位株だといくつか複数の銘柄を保有でき、ポートフォリオを組むことができるからです。これなら初心者の方でも安心して投資を始められます。

ちなみに株を購入する際は、単元株数という1回に購入できる最低限の単位が決まっています。100株単位の銘柄が多いですが、1000株の銘柄や、10株の銘柄などもあります。

それに最近ではNISA(少額投資非課税制度)という初心者向けの制度が始まり、自社の株式をより安く買える低位株に持っていく動きが加速しています。

NISAの口座では、限られた金額までしか、株を売買できませんので、低位株(安い株)なら柔軟にポートフォリオを組むことが可能になります。

ちなみに低位株(安い株)に対して、中程度の水準の銘柄を「中位株」、高い水準の銘柄を「値嵩株」(高い株)と呼びます。

ただ株価が下がった割安株や格安株とは、一緒に考えないようにしましょう。

(参照→株とFXとの違いって何なの?

[スポンサードリンク]

低位株(安い株)が増えている訳

例えば1株1万円の株があるとき、いくらこれを1株だけ購入したいと思っても、最低限の購入単位が100株ずつになっていたとしたら、100株ずつしか購入することができず、100万円の投資資金が必要となってしまいます。

勿論、株価が1株200円の低位株だとしても、最低の購入単位が1000株だったとしたら、最低でも20万円の資金が必要となり、購入をためらう人、もしくは諦めてしまう人も出てきてしまうでしょう。

そこで、価格が安い株価の企業だとしても1000株単位での取引をしている所に、証券会社が働きかけ、最低購入単位を100株からにしてもらうように交渉する動きが増えています。

証券会社としても、株の価格が下がり、売買が活況となれば手数料による売上が上がりますし、企業としては、1000株単位でなかなか売れない株式を運営するよりも、100株単位にして買いやすくすることで、個人株主が一人でも増える方が株価も安定し、メリットがあります。

そういった理由もあり、最近では初心者の方や個人投資家でも買いやすい低位株(安い株)が増えるようになりました。

低位株(低価格の株)の特徴、メリットやデメリットなど

低位株の特徴としては、株価の上下が激しい銘柄もあり、200円などの株価が一気に変動する場合も少なくありません。

(低位株の代表、みずほフィナンシャルグループのようなゾウのように、株価の動きが悪い銘柄もあります)

低位株では、たった数万円の投資だけでも、けっこうな利益(損失)が出ることもありますから、株式投資の流れや仕組みを勉強したり、経験したりにも向いていますし、しっかしと株主優待や配当ありの銘柄もあり、メリットをしっかりと享受できますので、初心者向きだとも言えそうです。

そういったメリットもありますが、もちろん低位株にもデメリットもあります。それは、そもそもなぜ株価が200円などという低さなのか?と言えば、ハッキリ言って人気がないから?という面にも気をつけなければいけません

(上場直後や株式分割した際には、低価格の優良銘柄も当然あります)

人気がない株というのは、必ず何か事情があります。例えば多くの負債を抱えているとか。運営が赤字続きであるとか。

利益が少なすぎるなど。こういう場合、その企業はつねに倒産リスクを考えなければなりません。企業が倒産してしまえば、当然株の価値はゼロになりますので注意が必要です。

たとえ少額の2万円で購入した株とはいえ、元金を回収できないのでは投資家として寂しいですね。

株を購入するときは、決して株の値段が安いから選ぶのではなく、株の価値は、その企業の利益や純資産に対して割高であるか、割安であるかを計算して判断することが重要です。

これらの指標は、PBRやPERと呼ばれており、数値を求めるための計算式がありますので、そちらのページも参考にしてみてください。

(参照→PBRやPERとは?

[スポンサードリンク]

高配当の株について

さて、低位株の次は、高配当の株について考えてみましょう。

株式投資には、株そのものを売買して得る売買益の他に、株を持っているだけで利益が発生する、いわゆる配当金というものが存在します。

1株あたりにどれくらいの配当金が付いているか?については、ヤフーファイナンスや各証券会社の管理画面で確認することができますが、ここで注意しなければならないのは、表示されている金額が去年のものであると言うこと。

配当金は年に1回の本決算の時にしか計算されません。

企業によっては中間決算を行うところもありますが、ここで計算される金額はあくまでも概算なので、実際の配当金の金額とは当然異なっています。

1株あたりの配当金額は、企業が年間でどれだけ利益を得られたか?に比例するため、例えば去年の配当金は1株あたり10円程度だったけれど、今年は100円ある企業もあれば、1円しかない場合もあるということ。

[スポンサードリンク]

企業の景気が良いか悪いかは、日頃からその企業をよくよく観察していなければ判断できません。

アベノミクスにより、多くの企業が2012年頃から株価を大きく引き上げる結果となり、配当金の金額も数年前に比べて高くなってきていますが、いつ破綻する企業がでるかは、なかなか分かりません。

つまり、現時点で確認できる配当金の金額は、あくまでも目安にしかならないということです。

2011年までは1株あたりの価格が1000円以下だった株が、アベノミクスの影響で4000円まで値上がりし、何千万という利益を得た主婦の話などもよく耳にしますが、大きな期待をして、無謀な挑戦をするのは得策ではありません。

初心者の方の場合は特に、こういった割高になってしまった株の購入には慎重になって欲しいものです。

配当金の金額から、利回りというものを計算できます。株価が1000円で、1株あたりの配当金が50円だった場合、利回りは5%ということになります。

たった5%?と思われるかもしれませんが、これでも日本株の中ではトップクラスの水準です。ほどんどの企業は1%未満。あるいは1~3%程度が現実です。

6%以上の利回りがある場合は、おいしい株の可能性もありますから、とにかくチェックしてみても損はないかと思います!

しかし利回りの良い株を見つけたら、まずは現在の株価が本当にお得であるかどうかの確認や、利益率についての情報もきちんと見るようにしてください。

配当利回りが高くなっているというのは、ただ株価が下がってしまっただけのこともあります。そんな株は後に減配などのリスクが有りますので注意が必要です。

個人が運営している株の情報サイトやブログを見ると、高配当であることや、高利回りであることをアピールしていたり、買いです!などと書いてある場合がありますが、それらの言葉は参考程度にとどめておき、自分のものさしで株の売買を判断できるように心がけましょう。

【おすすめ 証券会社ランキング】
1位:楽天証券
2位:GMOクリック証券
3位:ライブスター証券

【関連記事】
株の初心者・入門ガイド
株にかかる税金ってどうなっているの?
FXと株の違いってどんなところ?
リートとは?REITで不動産投資に挑戦しよう
ETFとは?

[スポンサードリンク]

公開日:
最終更新日:2016/03/31