株やFXの初心者・入門ガイド

株・Fx・仮想通貨を中心に情報を発信するトレード入門サイト

HSBCプレミア口座の特徴やメリット

      2015/06/10

LINEで送る
Pocket

HSBCについての前編もご覧ください→『HSBC香港で口座を開設するメリット

HSBCプレミアムは3種類ある同銀行の最上グレードの口座です。

そのメリットをあげていきます。

1、各国のHSBC銀行内のプレミア口座間の海外送金手数料が無料になる
2、専用のウェブサイトや専用の担当者、窓口では専用ルームで担当者によるコンサルティングが受けられる
3、プレミアメンバー向けの空港ラウンジが利用できる(無料コーヒーや無料WIFIなども)
4、年会費無料の専用クレジットカードや、プレミアメンバーだけに優待のある総合金融商品や普通アメリカ株式にも投資できるようになります
5、金利や各種手数料が優遇される(現時点では、金利は預金でも融資でも他の口座よりも1%ほど優遇、手数料は半分くらいに優遇されることが多いです。)

このようにプレミア口座はさまざまなVIPサービス、メリットを持っていますが、どこかの国にひとつプレミアム口座を持っていると、ほかの国でも無料でプレミアム口座が持てるようになります。

すると各国のHSBC内の口座間で送金手数料が無料になるので、よく海外送金を利用される方にはコスト削減のメリットがあります。

初めて作るプレミア口座ですが、各国によって“口座維持手数料が無料になる最低貯金金額”が違ってきます。

ちなみにHSBC香港でプレミア口座を持とうとすると、100万HKD(約1,400万円)の預金が必要になります。

しかしマレーシアで作成すれば、20万MYR(約600万円)で済んだりと、国によってかなり金額に幅があるようです。

よって、初めにどこの国でプレミア口座を作るかはよく考えたいところです。

(参照→株とFXとの違いって何なの?

HSBC香港
最低貯金金額は100万香港ドル(1,400万円)
口座維持手数料:340香港ドル(4,700円)
※1香港ドル13,88円計算

HSBCシンガポール
最低貯金金額は20万シンガポールドル(1,720万円)
口座維持手数料:50シンガポールドル(4,300円)
※1シンガポールドル86円計算

HSBCフィリピン
最低貯金金額400万フィリピンペソ(880万円)
口座維持手数料:4000フィリピンペソ(9,600円)
※1フィリピンペソ2,4円計算

HSBCマレーシア
最低貯金金額は20万リンギット(660万円)
口座維持手数料:150リンギット(4,950円)
※1マレーシアリンギット33円計算

ちなみにマレーシアでは不動産購入者やMM2H(マレーシアのリタイアメントビザ)保有者以外の人が、初めてのHSBC口座を開くのは難しいですし、各国でも今までの取引実績などにより、断られるケースもあると言います。

加えてプレミア口座を作るということは、この最低貯金額は寝かしておかなければいけないと言う事になり、それを下回ると毎月少なくない口座管理手数料をとられてしまうので、お気をつけ下さい。

HSBCのクレジットカードを持つメリットや内容について

HSBCのプレミア口座を持っていると、審査なしで年会費無料のMasterCardのプレミアムカードを用意してくれると言う事です。

クレジットカードの信用審査に関しては、英文の収入証明書などが省略されるのに対し、条件として2カ月目の預金残高がHK$50万以上必要となります。

利用限度額は8万HKDマスターカードの発行となります。

また3カ月以降に口座の種類をダウングレードしてしまうと自動的に失効することとなります。

普通のHSBCのクレジットカードでも、香港居住者でないと難しいということなので、プレミア口座を持っていると作れると言うのもメリットかと思います。

HSBC発行のクレジットカードは香港ドルベースの決済になります。

日本のクレジットカードであれば日本円です。

香港ドルは米ドルと連動した動きになっていますから、円安、円高など為替の動きに合わせてクレジットカードを使い分けると、為替変動による恩恵を受ける事ができます。

HSBCという銀行は賢く使うとさまざまなメリットがありますので、ぜひ検討してみてください。

【関連記事】
アメリカ株の基本情報と、日本株との違い
初心者にもおすすめ!アメリカ株の魅力と買い方
初心者でもわかる、”中国株投資”・入門
実際にビットコインを手に入れてみよう
初心者のための”ネット銀行”・入門
世界の政策金利では最高20%の国もある

 - 海外投資の初心者・入門 , , ,