株やFXの初心者・入門ガイド

株・Fx・仮想通貨を中心に情報を発信するトレード入門サイト

投資リテラシーとは!?お金は磁力があるところに集まる(前編)

      2015/06/07

LINEで送る
Pocket

お金は寂しがり屋であると言われており、お金にはお金を引き寄せる磁石のような性質があります。

お金はお金を持っている人のところに集まろうとするのです。

それでは投資を始めたばかりの初心者にはチャンスがないのか?

という疑問も出てきますが、決してそうではありません。

例えば学生の方でも、アルバイトで毎月コツコツと投資の資金を貯めていくこと!

サラリーマンやOLでも同じです。

何かで成功するにしても、”初めの小さな成功“がとても難しいのです。

少しずつ資金を投資に回していき、自分の投資資金に”磁力“を持たせていくことが重要です。

少しずつでも自分の資金に磁力が生まれてくると、その資金が「配当」としてお金を集めてきてくれたり、「株主優待」といったプレゼントを産んでくれるようになります。

そしてその「配当」や「分配金」などを再投資することにより、好循環が生まれてきます

そうした再投資により生まれる利益のことを、「複利」と言います。

複利」のちからが働いてくると、自分の投資資金も増えてきて、資産が増えていくことになります。

徐々にそのスピードは増すことになり、雪だるまのように加速度的に増えていくことになります。

雪だるまも初めは雪を手でぎゅっと固めることから始めます。

そしてコロコロと雪の上を転がしてやると、その初めのかたまりの回りに雪がくっついていきます。

それは徐々に大きくしっかししたものとなり、あとは勢いのままに転がっていき、どんどん大きくなっていきます。

お金の貯め方“と”雪だるまの作り方“はよく似ているのです。

何よりもまず、コツコツと資金を貯めることが大切ですし、種雪をしっかりしたものにすることが重要です。

リスクとリターン、クレジットスコアとは?

そうしてコツコツ貯めてきた資金をより大きくするためには、何かに投資することがとても重要です。

株でもいいですし、FXと言われる為替でも良いですし、自分にあったものを探していきます。

先ほどお金はお金を持った人のところに集まると書きましたが、厳密に言えばお金を持っている人からはお金が逃げないと言い換えたほうが良いかもしれません。

なぜなら、物を買う時に現金がなければクレジットカードの一括払いができずに分割払いにするしかありません。

そうすると利息を払わなくてはなくなり、お金は逃げて行くことになります。

カードローンをする時でも、銀行などでは金銭的信頼を持っている人には低金利で貸してくれますが、金銭的信頼が低い人には高金利でしか貸してくれません。

株を購入するときでも、最低株数を購入するよりも大きなポジションを注文するほうが手数料率が低く抑えられます。

これは投資で言う、”リスクとリターンの関係“にあります。

大きなリターンを求めるならば、大きなリスクを取る必要があります。

小さなリターンを求めるならば、小さなリスクを取るだけで良いのです。

これはハイリスク・ハイリターンやローリスク・ハイリターンの関係で投資の基本となります。

ちなみに金銭的信頼とは、その人の持っている資産や負債、給料、今までの支払い状況などから、相対的に判断されます。

クレジットカードの支払い日に間に合わなかったりすると、このクレジットスコア(金銭的信頼の点数化)が減点されていきます。

投資リテラシーが何よりも重要

現在の日本では資金を貯めていったとしても、それを銀行に預けていただけでは金利がほとんどつかない状況です。

もしお金を増やしたい、お金にも働いて欲しいと思ったら、その資金を投資に回さなければなりません。

その際に必要なのが”投資リテラシー“です。

投資リテラシーとは、投資に関する知識や情報力、経験、実力のすべて合わせた力のことをいいます。

勉強しただけでは身につきませんし、実践のみでも不十分です。

投資に関する知識を勉強し、あらゆる情報を集めて分析し、十分考え抜いて何かに投資する。

成功しても失敗してもその投資行動を分析・反省する。

この行動を繰り返すことで”投資リテラシー“は磨かれていくのです。

なので投資の初心者はまず、小さな資金から投資することをおすすめします。

投資リテラシーのない状態で何度か勝つ事ができても、それは運でしかなく続けて勝つことは出来ませんし、いずれ投資資金を溶かしてしまうことになります。

失敗しても良いのです。

しかし何度も言いますが、”小さな余裕資金で始める“ことです。

人は自分のお金が少しでもかかることで、より本気になれます。

そうすると経済や、その会社のことに興味が湧いて、知ろうとするモチベーションが上がります。

そのモチベーションを使い徐々に知識を得て、情報力をつけていくのです。

まとめ

まずは毎月コツコツとお金を投資に回していきます。

その際は自分の投資リテラシーを十分に使いながら、株などに投資していきます。

買っても負けても繰り返し諦めず続けることで、徐々に投資リテラシーが磨かれ、お金を増やすことができるようになります。

そのうち先述した”複利の力“が働き、お金がお金を持ってきてくれる状況が加速してきます。

どんどん雪だるまを大きくしていくことが可能になっていきます。

では実際にどんなことをすれば、”投資リテラシー”を身につけられ、”何に投資すればいいか”について次のページで見て行きましょう。

【後編:投資の初心者に送る、お金持ちになる具体的な方法

【関連記事】
“金投資の初心者”のための基本
初心者のための「債権」入門
初心者のための”ネット銀行”・入門
ETFとは?ETF入門
投資には、REIT(リート)という手法もあります

 - 投資・株・FX・お金の勉強, 株の初心者ブログ , , , , ,