株やFXの初心者・入門ガイド

株・Fx・仮想通貨を中心に情報を発信するトレード入門サイト

NISA口座の注意点!NISAなのに配当金に課税された!?

      2015/06/05

LINEで送る
Pocket

少額投資非課税制度として2014年1月に始まったNISA口座。毎年のNISA枠は100万円となっていて、その枠内であれば株の売却益や配当金には税金がかからない。

しかし実際には配当金に税金(計20%)がかかってしまったケースが多くなっている。それも3割という人が課税されているという。

それは何故起きてしまうのか?その落とし穴を見ていこう。

NISA口座で株の保有するときに、配当金の受け取り方法には3種類あります。

①証券口座に入金(NISA口座)→「株式比例配分方式」
②指定した銀行に入金→「登録配当金受領方式」「個別銘柄指定方式」
③郵便局で現金で受け取る→「配当金領収方式」

というパターン。この中で、非課税になるのは、1つしかないのだ。

それは①の証券口座に入金のみ→「株式比例配分方式」。

知らずに②や③に設定していれば、せっかくのNISA口座の枠を使った株の取引も、意味を成さなくなってしまう。

なんだか制度自体がややこしくなってしまっていますが、そこは自分のお金を守るためにしっかり情報収集をして、対策していきましょう。

【関連記事】
NISAとはどういう制度なのか?
株の始め方
株にかかる税金ってどうなっているの?
FXと株の違いってどんなところ?
低位株、安い株について

 - 投資・株・FX・お金の勉強, 株の初心者ブログ , , , , ,